「Hardware」カテゴリーアーカイブ

Raspberry PiのNFS起動

/mnt/server/hogeのetc/fstabの/dev/mmcblk0p2エントリをコメントアウト

/boot/cmdline.txtをNFS起動に設定
dwc_otg.lpm_enable=0 console=ttyAMA0,115200 console=tty1 root=/dev/nfs nfsroot=192.168.0.xxx:/mnt/server/hoge,udp,vers=3 ip=192.168.0.yyy:192.168.0.xxx:192.168.0.1:255.255.255.0:rpi:eth0:off rootfstype=nfs smsc95xx.turbo_mode=N elevator=deadline rootwait

ip=::::::::

Howto: Raspberry Pi Root NFS share – boot your System over NFS share and definitively deal with Flash data corruption
Boot Raspberry Pi over NFS

Raspberry Piサーバ設定

Raspbianイメージからインストール
・NOOBSは面倒

固定IP化
・/etc/network/interfaces

iface eth0 inet static
address 192.168.0.xxx
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 220.220.248.1

・/etc/hosts

192.168.0.yyy hoge

・/etc/resolv.conf

dnsmasqインストール
DHCPリースログ:/var/lib/misc/dnsmasq.leases

rootをHDDに移動する
https://melgrubb.wordpress.com/2014/08/01/raspberry-pi-home-server-part-6-adding-a-hard-drive/
gpartedもついでに入れる

/dev/sda1 → root 16GB
/dev/sda2 → Webサーバ用 84GB
/dev/sda3 → データ用(NTFS) 1900GB

/dev/sda1のPartition unique GUID
2E2853B9-8117-4635-B2B0-A0E887728FDC

/dev/sda1: UUID=”89b4f982-2aee-4393-b536-77cc639c435a” TYPE=”ext4″
/dev/sda3: LABEL=”Data” UUID=”2066C9B136993504″ TYPE=”ntfs”

minidlnaのインストール
http://www.instructables.com/id/Raspberry-Pi-Media-Server-MiniDLNA/?lang=ja

nfsサーバのインストール
sudo apt-get install -y nfs-common nfs-kernel-server
(-y は全ての問いに yes)

webサーバ用パーティションの用意
フォーマット:sudo mkfs.ext4 /dev/sda2
UUIDの確認:sudo blkid /dev/sda2
/dev/sda2: UUID=”e5faec66-6af8-4ed4-bb17-798c607281c3″ TYPE=”ext4″
mountポイントの作成:sudo mkdir /mnt/server
sudo chmod 777 /mnt/server
fstabの編集
/dev/disk/by-uuid/e5faec66-6af8-4ed4-bb17-798c607281c3 /mnt/server ext4 defaults,noatime 0 2

nfsの設定
/etc/exports
/mnt/server/hoge *(rw,wdelay,no_root_squash,no_subtree_check)
NFS起動時にrpc.nfsdやrpc.mountdでエラーが発生する→IPv6を有効にする
/etc/modulesにipv6を追記する
snd-bcm2835
ipv6

nfs自動起動設定
$ sudo update-rc.d rpcbind enable
$ sudo update-rc.d nfs-common- enable
$ sudo update-rc.d nfs-kernel-server enable

Sony VAIO VGN-TT90PSにIntel X18-M

で、結局Sony VAIO VGN-TT90PS+Runcoreの組み合わせは断念して、Intel X18-M Mainstream SSD 80GBをさっさと手配してしまったとさ。

Intel X18-Mは全く問題なく換装でき、Windows 7も簡単にインストールでき、いつも使っているVGN-TT90PSの機能は一通り問題なく使用できている。もちろんプチフリもフリーズもなし。CrystalDiskMarkも何の問題もなく実行できる。

唯一Windows Media PlayerでMPGファイルを再生するときに最初にカクツクのが気になる。WMV、AVIは問題なく再生できる。HDDのときは確かこんなことはなかったはず。でも、Runcoreのときも発生していたので、SSDだからか、Windows 7のインストールに不備があったのか原因は分からず。まあ、一旦停止させてから再生させれば最初からスムーズに再生されるので、そんなに大きな問題ではない。

X18-Mで噂される速度低下問題も今のところ体感できるものはなし。CDMのスコアもインストール直後とあまり変わらない。

ああ、最初からX18-Mにしておけば良かった。さすがIntelだね。

Runcore SSDのプチフリ(4)

休止状態を行わないように設定して少しはましになったRuncore SSDのプチフリ。

が、Crystal Disk Mark 3.0を実行させるとプチフリしまくり。1回のテスト実行で1回はプチフリする。よくこんなんでスコアがでるもんだ。

まあCDMはテスト目的に実行させているだけだから、まあいいんだけど、普通に操作していてもプチフリするようになってきた。これまでプチフリしなかったスリープからの復帰でもするようになってきた。

Windows 7 64bit化という最終手段を実行するときがきたかな。これもダメっぽいけど。

Runcore SSDのプチフリ(3)

Runcore SSDは、休止状態からの復帰で2回連続でプチフリするようになってしまった。。。

もうこれは我慢の限界と思いっ切ってIntel Rapid Storage Technologyドライバ(以前はMatrix Storage Managerと呼ばれていたもの)を入れてみることに!! と、インストールする前に復元ポイントを作成しておく。Windows 7の場合は[コンパネ]-[システム]-[システムの保護]にある「作成ボタン」を押す。

最新版をIntelのサイトからダウンロードして、インストール。恐る恐る再起動してみる、何事もなかったようにWindows 7が起動してくる。どうやらIntel RSTになってからRuncore SSDとの相性が良くなったようだ。Crystal Disk Markを実行しても問題ない。これは大丈夫かも、と思って休止させて、復帰させると起動途中でプチフリ状態。でも、今回はアクセスランプがかすかに点滅する程度。あ、なんかいやな予感、と思ったらブルースクリーン。。。 やっぱ、だめじゃん。。。 何回か再起動させてみたらなんとなく落ち着いてきたけど、やっぱり休止状態から復帰させるとプチフリ → ブルースクリーンになって、使い物にならない。

インストール前の復元ポイントに戻してみたけど。。。 初回の再起動のあとは真っ暗な画面。。。 強制シャットダウンで再立ち上げしてみると、今度はちゃんとWindows 7が立ち上がってくる気配だけど動作が不安定。何回か再起動させると落ち着いてくるけど、休止させると固まるようになってしまった。。。

こうなってしまっては最後の手段をとるしかない。VGN-TT90PSはスタンバイでも消費電力は少ないだろう、と思って休止を行わないことにした。Windows 7では、管理者権限で起動したコマンドプロンプトでpowercfg -h offを実行する。するとスタートメニューから休止状態がなくなり、C:のルートからhyberfil.sysもなくなる。

スタンバイにさせるとプチフリはしない。少なくともこれまでは。プチフリ頻度は激減して、これならなんとか使い物になるかも。さて、発注してしまったIntel X18-Mはどうしようかな。。。

Runcore SSDのプチフリ(2)

Runcore SSDのプチフリの瞬間をゲット!

プチフリがやっぱり時々起こるので、決定的瞬間をデータとして収めたいと思ってパフォーマンスモニタを起動しておいた。そしたら見事にプチフリ発生! そしてプチフリ中のSSDアクセスデータもゲット! 大体毎回決まったように50秒程度固まるんだけど、今回のデータ上はプチフリが23:57:51~23:58:49に発生していて、58秒も気絶していた。

この間、マウスカーソルは動くし、ウィンドウ切り替えも可能だけど、ディスクアクセスの発生するような動作はNG。

プチフリ中はアクセスランプが点灯しっ放しだからアクセスが集中しているのかと思いきや・・・

実はまったく読み込み(緑グラフ)も書き込み(青グラフ)も行われておらず、データ上SSDは気絶している。これはSSD側の問題の可能性が極大。ただ、気になるのはCPU(赤グラフ)が40%台と、何かを処理しようとしているっぽいんだけど、なんだろう。SSDの反応を待っているだけならCPU使用率は下がってもいいはず。

そしてもう一つおかしなことがあって、JMF602のプチフリの原因と考えられている多量のRead/Writeが集中するようなことは、今回に限っては発生していない。プチフリの直前はチョコチョコとアクセスがある程度。ある特定のアクセスパターンがプチフリのトリガーになっているのかもしれない。まあ、それにしても今回のプチフリ直前のアクセスパターンはそれほど特異なものではない。そうすると、JMF602に通用したプチフリ対策はIndilinxには通用しない可能性が大きい。

う~ん。やはりここは他のSSDを入手しなくてはいけないのかな。

Runcore SSDのプチフリ

その後、快調に動作しているWindows 7化したVAIO Type T VGN-TT90PSなんだけど、困ったことにプチフリする。

いつもは使ってないときはハイバネートさせるんだけど、復帰するときが一番発生頻度が高い。アクセスランプが点きっぱなしで、30秒くらい固まる。マウスカーソルは動くときもあれば、マウスカーソル自体もフリーズするときもある。古いIntelのSATAドライバを使っているときは固まってブルースクリーンになっていたタイミングとほぼ同じ。

使っている最中はめったに起こらないのが不思議なところ。大量の読み書きが発生するときに発病するのであれば、JMF602と同じっぽい。ちなみに、Trimは有効にしてある。これを切るとプチフリの頻度が上がる気がする。

どうもRuncoreのフォーラムを見ると他にもこのような症状の人がいることから、この個体の問題ではないような気がするし、RuncoreのSSDというよりも、Indilinxコントローラの問題のような気がする。ファームウェアは最新の1916なので、比較的問題が発生しにくいはずなんだけど。

考えられる対処は、

  • 最新のIntel Matrix Storage Driverを入れてみる。
  • 64bit版 Windows 7をインストールしてみる。
  • 新しいFWが出るまで我慢する。
  • IntelのSSDと交換する。

プチフリはそれほど頻繁に発生するわけじゃないし、大抵30秒くらいで復帰するので、今のところよしとしよう。

まあ、Indilinxが載ったSSDをもう買うことはないことだけは確かだな。

Sony VAIO VGN-TT90PSにWindows 7を入れる(3)

前回からの続き。

仕方ないので、Windows 7をクリーンインストールする。リカバリしたVista BusinessからアップグレードできるようにWindows 7 Professional Upgradeを買ったのに。。。 まあ、いいけど。

Upgrade版のクリーンインストールは簡単だけど面倒で、DVDから起動して1回目のインストールではプロダクトキーを入力せずにインストールを一通り済ませて、もう一回DVDから起動してインストールを行う。前回作成されたパーティションは全て削除して、まっさらなパーティションに入れる。2回目のインストールではプロダクトキーを入力する。それだけ。なんでこんな面倒なことさせるのかね、MS。

前回RC版でクリーンインストールを行ったけど、いまひとつ手順がバラバラで適当にいろいろと入れちゃったので、今回はこれまでのノウハウを整理するつもりでキチンとインストールしてみよう。もしかしたら、今回は入れられなかったVAIO Updateや液晶ディスプレイの自動輝度設定も含めてキレイにWindows 7化できるかもしれない。

まずはVAIO Updateから入れよう。VAIO Updateのアップデートプログラムをそのまま実行すればすんなりと入る。な~んだ、拍子抜け。

  • VGN-G3*、VGN-TT* 「Graphics Driver(Intel) Ver.8.15.10.1872…
  • 「VAIO データレスキューツール Ver.1.0.00.09180」 アップデート…

がアップデート可能らしいので、アップデートを実行。途中、リカバリ領域が削除された、と怒られるけど処理は正常に終わる。

ここから先は前回も使った、リカバリからインストールしたVistaの C:¥Windows¥Driversおよび C:¥Windows¥InstDrv のバックアップとVistaリカバリDVDのアプリを抽出したものが必要。リカバリディスクからアプリを抽出する方法は、こちらが詳しい。

それでは順番にドライバを入れていくことにしよう。C:¥WindowsにDriversディレクトリを作って、バックアップしておいたものをここに置く。順番は重要なんだけどどう入れたらいいか分からないから、重要そうなものから順に入れていこう。C:¥Windows¥Drivers¥Exeの各フォルダにSetup.exeがあるので実行していく。

  • Chipset Driver (再起動)
  • Realtek Audio Driver (再起動)
  • Pointing Driver (再起動)
  • Bluetooth Driver

次はInstDrvからのインストール。

  • Sony Firmware Extension Parser Driver
  • Sonycxd
  • SATA Driver (Intel) (Non-RAID) (再起動)

と、ここでフリーズ発生!! そっか~、分かったぞ~。このドライバが諸悪の根源だな。そんな感じのドライバーだ。調べてみると、iastor.sysが悪いっぽく、詳細はサカシタさんちにあるけど、これは結構よくあることで、今回はIntel Matrix Storage ManagerとRuncoreの相性が悪いのかもしれない。新しいバージョンのものを入れれば直る、とか。そうか、HDDの環境で新しいドライバをインストールしておいてからSSDにクローンすればいいのかも。でもSSDとHDDを交換するのが面倒なので、もう一回クリーンインストールにチャレンジだ。今度はSATA Driver抜きでやってみよう。

今度は2回目のインストールと同じだから、パーティションをすべてまっさらにして新規にWindows 7をインストール。そしてドライバのインストール。バックアップしていたC:¥Windows¥DriversのEXEのChipset, Audio, Pointing, Bluetooth、そしてInstDrvのFirmware, Sonycxd, SD Card, Memory Stick, Felica, Fingerprint, HDAUDIO SoftV92, SPICをインストール。この時点でデバイスマネージャーには?のものはない。HDD Protectionはハードディスクじゃないからいらないし、Ethernetはちゃんと動いているようだから入れていないし、当然ながらSATAドライバーもスキップ。

次に、英国VAIOサポートページからソニーアプリをダウンロードしてくる。

  • 7UPG_Battery Checker Utility
  • 7UPG_Setting Utility Series (これはインストールできなかったので必要ない)
  • 7UPG_Sony Shared Library
  • 7UPG_VAIO Control Center
  • 7UPG_VAIO Control Color Setting
  • 7UPG_VAIO Event Service
  • 7UPG_VAIO Presentation Support
  • 7UPG_VAIO Smart Network
  • Setting Utility Series – 5.0.1.10300
  • VAIO Update – 5.0.0.12080

最後のVAIO Updateは日本サイトにもある。下のほうにはちゃんとWindows 7用のドライバもあるなぁ。何か足りなかったらここから拝借することにしよう。以下の順番にインストール。

  • Sony Shared Library (再起動)

と、そういえば上記のVAIO Setting Utility Seriesはアップデート用だからインストールできなかったので、英国サポートのOriginally Installedから取ってきてインストール。こちらはすんなりとインストールできた。その更新プログラムEP0000209813もゲットしてインストール。って、もしかしたら、ここのものをごっそりと持ってくればそれで済むかも? まあ、進めよう。

  • VAIO Control Center
  • VAIO Control Color Setting
  • VAIO Event Service (再起動)
  • VAIO Presentation Support
  • VAIO Smart Network
  • Battery Checker

ここまで順調。さて、あとはリカバリDVDから抽出したアプリを入れていこう。

  • MODJ-120274 VAIO Data Restore Tool
  • MODJ-126299 WebCam Companion
  • MODJ-126296 Magic-i Visual Effects
  • MODJ-126552 VAIO Movie Story
  • MODJ-126555 VAIO Movie Story Template Data
  • MODJ-126664 かざしてログオン
  • MODJ-126668 かざそうFeliCa
  • MODJ-126695 Sony Picture Utility
  • MODJ-126728 VAIO Wallpaper Setting Tool
  • MODJ-126763 VAIO Topic Visualizer
  • MODJ-126779 VAIO Original Function Setting
  • MODJ-126801 SFCardViewer2
  • MODJ-126814 NFRMPCViewerSetup
  • MODJ-126880 VAIO Content Metadata XML Interface Library
  • MODJ-126883 VAIO Content Metadata Manager Setting
  • MODJ-126885 VAIO Content Metadata Intelligent Analyzing Manager
  • MODJ-126890 VAIO Media plus
  • MODJ-126891 VAIO Media plus Extension
  • MODJ-126940 VAIO DVD Menu Data Basic
  • MODJ-126969 WinDVD
  • MODJ-126971 VAIO 電子マニュアル
  • MODJ-126698 VAIO 電子マニュアル データベース
  • MODJ-127000 contents VGN-TT.pdf
  • MODJ-127008 DSD Playback Plug-in
  • MODJ-127038 VAIO Entertainment Platform
  • MODJ-127055 Infineon TPM Professional Package
  • MODJ-127057 Protector Suite QL 5.6
  • MODJ-127238 VAIO Media plus デジタル放送プラグイン
  • MODJ-127354 FeliCa Data Transfer
  • MODJ-127474 FeliCaPort
  • MODJ-127494 Edy Viewer V2.1
  • MODJ-127537 HDMIFlag.bat

ふぅ、やっとこれで一通り揃った。おっと、いけない、VAIO Updateを忘れてた。VAIO Updateのインストール。

そして最後にこちらのサイトを参考に、VAIO Windows 7アップグレードユーティリティのインストール。の前に、Sony Shared Library Toolをここからダウンロードしてインストール。今度こそVAIO Windows 7アップグレードユーティリティをインストールして、実行。

手動インストールのところでBIOSのアップデートがあるけど、これは古いものだった。アップグレードユーティリティは最新のものかどうかを判断していないみたいなので、要注意。アップグレードユーティリティがどんどんドライバを更新していく。ハラハラドキドキ。これでSATAドライバが組み込まれちゃうとおしまいだ。でも、どうやら大丈夫のようだ。

おっとっと。本当に本当の一番最後にVAIO Update。これでほぼ完璧なWindows 7化ができた。液晶ディスプレイの自動輝度設定もちゃんと動いてる!

それにしても、Runcore SSDとIntel SATAドライバが相性悪いなんてちょっと盲点だったな。そして、IntelのSATAドライバだけ抜き取りたいのに、これだけ苦労させられるとは。。。