「Software」カテゴリーアーカイブ

Raspberry PiのNFS起動

/mnt/server/hogeのetc/fstabの/dev/mmcblk0p2エントリをコメントアウト

/boot/cmdline.txtをNFS起動に設定
dwc_otg.lpm_enable=0 console=ttyAMA0,115200 console=tty1 root=/dev/nfs nfsroot=192.168.0.xxx:/mnt/server/hoge,udp,vers=3 ip=192.168.0.yyy:192.168.0.xxx:192.168.0.1:255.255.255.0:rpi:eth0:off rootfstype=nfs smsc95xx.turbo_mode=N elevator=deadline rootwait

ip=::::::::

Howto: Raspberry Pi Root NFS share – boot your System over NFS share and definitively deal with Flash data corruption
Boot Raspberry Pi over NFS

Sendmail送信制限設定

/etc/mail/sendmail.mc

sendmail.mc は /etc/mail ディレクトリに入っています。このファイルを root で編集します。その後、次のように m4 コマンドで sendmail.cf ファイルを生成します。
# m4 /etc/mail/sendmail.mc > /etc/sendmail.cf

例えば50通に制限したい場合は、
define(`confMAX_RCPTS_PER_MESSAGE’, `10′)dnl
と追加記述してください。

relay_mail_from
送信者のメールアドレスがアクセスマップ内でRELAYと記述されていれば、中継を許可する。 もし、引数にdomainが指定されていれば、ドメインもチェックする。 なお、アクセスマップに関しては、access_dbを参照のこと。
FEATURE(`relay_mail_from’)dnl
FEATURE(`relay_mail_from’, `domain’)

/etc/mail/trusted-users

accessマップ
From:bob@your.domain RELAY ← this sender can relay
From:watanet.com RELAY ← ドメインごと中継許可
makemap hash /etc/mail/access < /etc/mail/access sendmailの再起動 /etc/init.d/sendmail stop /etc/init.d/sendmail start sendmail再起動時のメッセージ Makefile:365: 警告: ターゲット `/etc/aliases.db' へのコマンドを置き換えます Makefile:362: 警告: ターゲット `/etc/aliases.db' への古いコマンドは無視されます Makefile:421: 警告: ターゲット `/etc/aliases' へのコマンドを置き換えます Makefile:362: 警告: ターゲット `/etc/aliases' への古いコマンドは無視されます 554 5.0.0 No local mailer defined 554 5.0.0 QueueDirectory (Q) option must be set

Raspberry Piサーバ設定

Raspbianイメージからインストール
・NOOBSは面倒

固定IP化
・/etc/network/interfaces

iface eth0 inet static
address 192.168.0.xxx
netmask 255.255.255.0
gateway 192.168.0.1
dns-nameservers 220.220.248.1

・/etc/hosts

192.168.0.yyy hoge

・/etc/resolv.conf

dnsmasqインストール
DHCPリースログ:/var/lib/misc/dnsmasq.leases

rootをHDDに移動する
https://melgrubb.wordpress.com/2014/08/01/raspberry-pi-home-server-part-6-adding-a-hard-drive/
gpartedもついでに入れる

/dev/sda1 → root 16GB
/dev/sda2 → Webサーバ用 84GB
/dev/sda3 → データ用(NTFS) 1900GB

/dev/sda1のPartition unique GUID
2E2853B9-8117-4635-B2B0-A0E887728FDC

/dev/sda1: UUID=”89b4f982-2aee-4393-b536-77cc639c435a” TYPE=”ext4″
/dev/sda3: LABEL=”Data” UUID=”2066C9B136993504″ TYPE=”ntfs”

minidlnaのインストール
http://www.instructables.com/id/Raspberry-Pi-Media-Server-MiniDLNA/?lang=ja

nfsサーバのインストール
sudo apt-get install -y nfs-common nfs-kernel-server
(-y は全ての問いに yes)

webサーバ用パーティションの用意
フォーマット:sudo mkfs.ext4 /dev/sda2
UUIDの確認:sudo blkid /dev/sda2
/dev/sda2: UUID=”e5faec66-6af8-4ed4-bb17-798c607281c3″ TYPE=”ext4″
mountポイントの作成:sudo mkdir /mnt/server
sudo chmod 777 /mnt/server
fstabの編集
/dev/disk/by-uuid/e5faec66-6af8-4ed4-bb17-798c607281c3 /mnt/server ext4 defaults,noatime 0 2

nfsの設定
/etc/exports
/mnt/server/hoge *(rw,wdelay,no_root_squash,no_subtree_check)
NFS起動時にrpc.nfsdやrpc.mountdでエラーが発生する→IPv6を有効にする
/etc/modulesにipv6を追記する
snd-bcm2835
ipv6

nfs自動起動設定
$ sudo update-rc.d rpcbind enable
$ sudo update-rc.d nfs-common- enable
$ sudo update-rc.d nfs-kernel-server enable

SpamAssassin日本語対応設定

SpamAssassinのユーザ毎の設定は ./SpamAssassin/user_prefs に書いておくのだけど、日本語メールの場合追加しておくといい設定がある。

まずは user_prefs に書いてあるとおり、
score HTML_COMMENT_8BITS 0
score UPPERCASE_25_50 0
score UPPERCASE_50_75 0
score UPPERCASE_75_100 0
score OBSCURED_EMAIL 0

score SUBJ_ILLEGAL_CHARS 0
を有効にしておく。

そして、以下の設定はたぶん足しておくといい設定。
score GAPPY_SUBJECT 0
score SUBJECT_ENCODED_TWICE 0
score TVD_SPACE_RATIO 0
score FM_FRM_RN_L_BRACK 0
score PLING_QUERY 0
score WEIRD_QUOTING 0
score FH_FROMEML_NOTLD 0
score MISSING_SUBJECT 0
score FROM_EXCESS_BASE64 0

以下はこれまでの経験上追加してきた設定。まあ、スパムも進化してきているから、これらの設定も有効ではなくなってきているのだろうけど、一応。
score DATE_IN_FUTURE_96_XX 4.5
score DATE_IN_PAST_96_XX 4.5
score DIET_1 3.0
score DRUG_ED_SILD 2.0
score DRUGS_ERECTILE 4.0
score RDNS_NONE 2.0
score RDNS_DYNAMIC 1.5
score BODY_ENHANCEMENT 2.6
score BODY_ENHANCEMENT2 1.7
score HELO_EQ_D_D_D_D 2.5
score HTML_EXTRA_CLOSE 2.0
score HTML_FONT_SIZE_LARGE 1.5
score HTML_FONT_SIZE_HUGE 2.5
score HTML_IMAGE_ONLY_04 3.5
score HTML_MESSAGE 0.2
score HTML_SHORT_CENTER 2.0
score HTML_SHORT_LINK_IMG_1 3.0
score HTML_SHORT_LINK_IMG_2 2.0
score HTML_SHORT_LINK_IMG_3 1.5
score INVALID_DATE 4.5
score MIME_HTML_MOSTLY 2.0
score MIME_QP_LONG_LINE 2.0
score RCVD_IN_PBL 2.0
score BAD_CREDIT 2.0
score FH_HELO_EQ_D_D_D_D 2.0
score STOX_REPLY_TYPE 1.0
score SUBJECT_FUZZY_TION 1.0
score MORE_SEX 3.5
score MONEY_BACK 2.0
score NORMAL_HTTP_TO_IP 1.5
score PRICES_ARE_AFFORDABLE 1.5
score SUBJ_BUY 2.0
score URI_HEX 1.0

管理画面に入れず

しばらく更新が止まっていたのは、実は管理画面に入れなかったのであった。ははは。最後に行ったのはWordpressのアップデートで、恐らくどこかのディレクトリのパーミッションか所有者の設定が悪かったらしく、アップデートに見事失敗。

そして面倒だったのでそのまま放置。。。

重い腰を上げて管理画面からのアップデートではなく、昔ながらの手動アップデートを行ってみた。元々は2.7.3だったものを、一年も更新をサボっていたらいつの間にか3.2.1になっていたから、ちょっとアップデートを躊躇。

でも、普通に現在のディレクトリをバックアップして、新たなWordpress一式をダウンロード、展開、そして旧ファイルの.htaccess, wp-config.php, wp-contentsあたりをコピーしたら、なんとあっけなくアップデート完了。

普通に使えるようになったのはいいんだけど、管理画面の左メニューが開いたままになってくれない。出たままがいいんだけどなぁ。使っているテーマ(Arjuna X)が悪いのか分からないけど、まあ致命的な問題じゃないから、様子見だな。

Sony VAIO VGN-TT90PSにWindows 7を入れる(3)

前回からの続き。

仕方ないので、Windows 7をクリーンインストールする。リカバリしたVista BusinessからアップグレードできるようにWindows 7 Professional Upgradeを買ったのに。。。 まあ、いいけど。

Upgrade版のクリーンインストールは簡単だけど面倒で、DVDから起動して1回目のインストールではプロダクトキーを入力せずにインストールを一通り済ませて、もう一回DVDから起動してインストールを行う。前回作成されたパーティションは全て削除して、まっさらなパーティションに入れる。2回目のインストールではプロダクトキーを入力する。それだけ。なんでこんな面倒なことさせるのかね、MS。

前回RC版でクリーンインストールを行ったけど、いまひとつ手順がバラバラで適当にいろいろと入れちゃったので、今回はこれまでのノウハウを整理するつもりでキチンとインストールしてみよう。もしかしたら、今回は入れられなかったVAIO Updateや液晶ディスプレイの自動輝度設定も含めてキレイにWindows 7化できるかもしれない。

まずはVAIO Updateから入れよう。VAIO Updateのアップデートプログラムをそのまま実行すればすんなりと入る。な~んだ、拍子抜け。

  • VGN-G3*、VGN-TT* 「Graphics Driver(Intel) Ver.8.15.10.1872…
  • 「VAIO データレスキューツール Ver.1.0.00.09180」 アップデート…

がアップデート可能らしいので、アップデートを実行。途中、リカバリ領域が削除された、と怒られるけど処理は正常に終わる。

ここから先は前回も使った、リカバリからインストールしたVistaの C:¥Windows¥Driversおよび C:¥Windows¥InstDrv のバックアップとVistaリカバリDVDのアプリを抽出したものが必要。リカバリディスクからアプリを抽出する方法は、こちらが詳しい。

それでは順番にドライバを入れていくことにしよう。C:¥WindowsにDriversディレクトリを作って、バックアップしておいたものをここに置く。順番は重要なんだけどどう入れたらいいか分からないから、重要そうなものから順に入れていこう。C:¥Windows¥Drivers¥Exeの各フォルダにSetup.exeがあるので実行していく。

  • Chipset Driver (再起動)
  • Realtek Audio Driver (再起動)
  • Pointing Driver (再起動)
  • Bluetooth Driver

次はInstDrvからのインストール。

  • Sony Firmware Extension Parser Driver
  • Sonycxd
  • SATA Driver (Intel) (Non-RAID) (再起動)

と、ここでフリーズ発生!! そっか~、分かったぞ~。このドライバが諸悪の根源だな。そんな感じのドライバーだ。調べてみると、iastor.sysが悪いっぽく、詳細はサカシタさんちにあるけど、これは結構よくあることで、今回はIntel Matrix Storage ManagerとRuncoreの相性が悪いのかもしれない。新しいバージョンのものを入れれば直る、とか。そうか、HDDの環境で新しいドライバをインストールしておいてからSSDにクローンすればいいのかも。でもSSDとHDDを交換するのが面倒なので、もう一回クリーンインストールにチャレンジだ。今度はSATA Driver抜きでやってみよう。

今度は2回目のインストールと同じだから、パーティションをすべてまっさらにして新規にWindows 7をインストール。そしてドライバのインストール。バックアップしていたC:¥Windows¥DriversのEXEのChipset, Audio, Pointing, Bluetooth、そしてInstDrvのFirmware, Sonycxd, SD Card, Memory Stick, Felica, Fingerprint, HDAUDIO SoftV92, SPICをインストール。この時点でデバイスマネージャーには?のものはない。HDD Protectionはハードディスクじゃないからいらないし、Ethernetはちゃんと動いているようだから入れていないし、当然ながらSATAドライバーもスキップ。

次に、英国VAIOサポートページからソニーアプリをダウンロードしてくる。

  • 7UPG_Battery Checker Utility
  • 7UPG_Setting Utility Series (これはインストールできなかったので必要ない)
  • 7UPG_Sony Shared Library
  • 7UPG_VAIO Control Center
  • 7UPG_VAIO Control Color Setting
  • 7UPG_VAIO Event Service
  • 7UPG_VAIO Presentation Support
  • 7UPG_VAIO Smart Network
  • Setting Utility Series – 5.0.1.10300
  • VAIO Update – 5.0.0.12080

最後のVAIO Updateは日本サイトにもある。下のほうにはちゃんとWindows 7用のドライバもあるなぁ。何か足りなかったらここから拝借することにしよう。以下の順番にインストール。

  • Sony Shared Library (再起動)

と、そういえば上記のVAIO Setting Utility Seriesはアップデート用だからインストールできなかったので、英国サポートのOriginally Installedから取ってきてインストール。こちらはすんなりとインストールできた。その更新プログラムEP0000209813もゲットしてインストール。って、もしかしたら、ここのものをごっそりと持ってくればそれで済むかも? まあ、進めよう。

  • VAIO Control Center
  • VAIO Control Color Setting
  • VAIO Event Service (再起動)
  • VAIO Presentation Support
  • VAIO Smart Network
  • Battery Checker

ここまで順調。さて、あとはリカバリDVDから抽出したアプリを入れていこう。

  • MODJ-120274 VAIO Data Restore Tool
  • MODJ-126299 WebCam Companion
  • MODJ-126296 Magic-i Visual Effects
  • MODJ-126552 VAIO Movie Story
  • MODJ-126555 VAIO Movie Story Template Data
  • MODJ-126664 かざしてログオン
  • MODJ-126668 かざそうFeliCa
  • MODJ-126695 Sony Picture Utility
  • MODJ-126728 VAIO Wallpaper Setting Tool
  • MODJ-126763 VAIO Topic Visualizer
  • MODJ-126779 VAIO Original Function Setting
  • MODJ-126801 SFCardViewer2
  • MODJ-126814 NFRMPCViewerSetup
  • MODJ-126880 VAIO Content Metadata XML Interface Library
  • MODJ-126883 VAIO Content Metadata Manager Setting
  • MODJ-126885 VAIO Content Metadata Intelligent Analyzing Manager
  • MODJ-126890 VAIO Media plus
  • MODJ-126891 VAIO Media plus Extension
  • MODJ-126940 VAIO DVD Menu Data Basic
  • MODJ-126969 WinDVD
  • MODJ-126971 VAIO 電子マニュアル
  • MODJ-126698 VAIO 電子マニュアル データベース
  • MODJ-127000 contents VGN-TT.pdf
  • MODJ-127008 DSD Playback Plug-in
  • MODJ-127038 VAIO Entertainment Platform
  • MODJ-127055 Infineon TPM Professional Package
  • MODJ-127057 Protector Suite QL 5.6
  • MODJ-127238 VAIO Media plus デジタル放送プラグイン
  • MODJ-127354 FeliCa Data Transfer
  • MODJ-127474 FeliCaPort
  • MODJ-127494 Edy Viewer V2.1
  • MODJ-127537 HDMIFlag.bat

ふぅ、やっとこれで一通り揃った。おっと、いけない、VAIO Updateを忘れてた。VAIO Updateのインストール。

そして最後にこちらのサイトを参考に、VAIO Windows 7アップグレードユーティリティのインストール。の前に、Sony Shared Library Toolをここからダウンロードしてインストール。今度こそVAIO Windows 7アップグレードユーティリティをインストールして、実行。

手動インストールのところでBIOSのアップデートがあるけど、これは古いものだった。アップグレードユーティリティは最新のものかどうかを判断していないみたいなので、要注意。アップグレードユーティリティがどんどんドライバを更新していく。ハラハラドキドキ。これでSATAドライバが組み込まれちゃうとおしまいだ。でも、どうやら大丈夫のようだ。

おっとっと。本当に本当の一番最後にVAIO Update。これでほぼ完璧なWindows 7化ができた。液晶ディスプレイの自動輝度設定もちゃんと動いてる!

それにしても、Runcore SSDとIntel SATAドライバが相性悪いなんてちょっと盲点だったな。そして、IntelのSATAドライバだけ抜き取りたいのに、これだけ苦労させられるとは。。。

Sony VAIO VGN-TT90PSにWindows 7を入れる(2)

その後、いろいろとRuncoreのサポートフォーラムを覗き見していたら、同じ症状の人がいっぱいいる。中にはWindows 7のTrimコマンド発行をやめたら直ったという人がいた。Trimをとめるには、コマンドプロンプトでfsutil behavior set DisableDeleteNotify 1を実行する。DisableDeleteNotifyは、DisableDeleteNotify = 0 ・・・ Trim有効
DisableDeleteNotify = 1 ・・・ Trim無効
で、現在の状況はfsutil behavior query DisableDeleteNotifyを実行することで確認できる。

で、この設定を行っても改善されず。SSDがフリーズして、アクセスランプが点きっぱなし。数分後にブルースクリーンで再起動。再起動後には “Operating System Not Found”。

試しにWindows XPのリカバリも行ってみたけど、こちらも失敗。初回再起動後にいろんな設定を行った後にフリーズで、再起動。どうやらリカバリを行う行為がダメみたい。

Runcoreフォーラムでは、Windows 7のインストールの前に他のマシンにUSB経由でつないでからパーティション作成+NTFSでフォーマットせよ、とあったけど、それはクリーンインストールであることが前提なんだろう。VGN-TT90PSのリカバリには先頭プライマリパーティションに2GB(リカバリ領域用)とその次のプライマリパーティションにC:を作らないと、リカバリ中にエラーストップ(”エラー: 320” の次に “エラー: 330″)してしまう。

で、Paragon Recovery CDでWinPE環境にてパーティションを作って、C: だけリカバリしてみた。結果は “エラー: 403” (初めて見た?)。ついでにインストール時の修復メニューのコマンドコンソールでDISKPART
SEL DIS 0 (shortcut for select disk)
CLEAN
EXIT
sanitary_erase.exe
を実行。sanitary_erase.exeはググってとってきて、USBメモリから実行。これでもう1回やったけど、今度は「C: が小さすぎる」とか。仕方ないので「お買い上げ時の状態にリカバリ」を実行。ここでも “エラー: 320” の次に “エラー: 330″。

もうリカバリするのに使える手段はやり尽くしたかな。あとはWindows 7のクリーンインストールだ。
つづく。