「KVM Switch」カテゴリーアーカイブ

PS/2 – USBアダプタいろいろ

最近のPCはキーボード、マウスともにUSBが主流になっちゃって、新しいマウスなんてPS/2非対応なんてのもある。でも、我が家のようにPS/2のKVMを使っているとどうしてもPS/2は捨てきれない。ということでなんとなくPS/2 – USBが溜まってくる。というのも、結構これはこれでいろいろ種類があってそれぞれ少しずつ違っていて、難点があったりする。

これはどうかな? こっちはどうかな? と集まってしまったPS/2 – USBアダプタだけど、”ちょっと偏ったPS/2→USB変換アダプタ選び”を読んで触発され、これはうちのコレクションも公開せねば、と思い立ったりしたり。

ということで、コレクションの公開~。ちなみに、環境によって動作も変わってくるかもしれないので、アダプタ達のチェックに行った主な環境はこんなもんです。PC : Lenovo ThinkCentre
Keyboard : Chicony KB-9810
Mouse : IntelliMouse Explorer 3.0A
KVM : NK-KVM-4


Smart Adaptor SA-USB2PS

  • hardinfo情報 : CHESEN PS2 to USB Converter
  • デバマネ情報 : PS2 to USB Converter
  • 起動時 : △(認識したり、しなかったり)
  • 再接続 : 認識する
  • Alt+Prtsc : NG
  • 変換、無変換 : OK
  • マウス4,5ボタン : OK
  • コメント :

SANWA SUPPLY USB-CVPS1ライク

  • hardinfo情報 : Composite USB PS2 Converter USB to PS2 Adaptor v1.12 (なぜか2つ表示される)
  • デバマネ情報 : USB to PS2 Adaptor v1.12
  • 起動時 : OK
  • Alt+Prtsc : OK
  • 変換、無変換 : OK
  • マウス4,5ボタン : NG

型番不明

  • hardinfo情報 : Cypress PS2toUSB KBM Bridge V1.069a
  • デバマネ情報 : PS2toUSB KBM Bridge V1.069a
  • 起動時 : OK
  • Alt+Prtsc : NG
  • マウス4,5ボタン : NG

HL USB to PS/2

  • hardinfo情報 : Generic USB K/B
  • デバマネ情報 : Generic USB K/B
  • 起動時 : OK
  • 再接続 :
  • Alt+PrtSc : OK
  • 変換、無変換 : NG
  • マウス4,5ボタン : NG
  • 購入店 : 浜田電機(¥500)
  • コメント :
    • BUFFALO BHC-UP201/GP、ForYou FUX-PS2/Bに良く似てる。
    • Sleipnirで右クリックすると違うタブに飛ぶときがある

Ainex ADV-106V

  • hardinfo情報 : Cypress PS2toUSB KBM Bridge V2.02a
  • デバマネ情報 : PS2toUSB KBM Bridge V2.02a
  • 起動時 : KB-OK, Mouse-NG
  • 再接続 : 全NG
  • Alt+Prtsc : NG
  • 変換、無変換 : OK
  • マウス4,5ボタン :
  • 購入店 : テクノハウス東映

AD-U/MKライク

  • hardinfo情報 : CHESEN PS2 to USB Converter
  • デバマネ情報 : PS2 to USB Adaptor
  • 起動時 : KB-OK、Mouse-NG
  • 再接続 : MouseはOKになるが、KBがNGになる
  • Alt+Prtsc : NG
  • 変換、無変換 : OK
  • マウス4,5ボタン : OK
  • 購入店 : パソコンハウス東映(¥300)
  • コメント :
    • Ctrlのホールドが若干あまい。「c」と入力されてしまうときがある。
    • USBコネクタ部分が光ってカッコいい。

RC-U2MK

  • hardinfo情報 : HID 04d9:1400
  • デバマネ情報 : USB Device
  • 起動時 : KVM経由はKBかMouseのみOK。直接接続ではOK。
  • 再接続 : OK
  • Alt+Prtsc : OK
  • 変換、無変換 : OK
  • マウス4,5ボタン : OK
  • 購入店 : ドンちゃんSHOP!(¥699)
  • コメント :
    • KVM経由では相性問題がでたけど、それ以外は完璧。さすが神変換アダプタ!
    • これもKVM経由だけど、マウス側に何もつないでいなくてもマウスがプチフリーズする。

ATEN CS1784付属のアダプタ
これこそは最強のアダプタ。Windows7+KVM経由というハンデながらマウス、KBともに動作OK。
Device Manufacturer: ATEN
Product Name: UC-10KM V1.3.121
Serial Number: USB Composite device
USB Version Supported: 1.10
Driver Description: USB 複合デバイス

Device Manufacturer:
Product Name:
Serial Number:
USB Version Supported: 2.00
Driver Description: USB 複合デバイス

Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000が使えた

以前PS/2-USB経由でKVMスイッチでMicrosoft Natural Wireless Laser Mouse 6000が使えない、って書いたけど、物欲帳ではレシーバが「Wireless IntliMouse Explorer Reciever 2.0 USB/PS2 Compatible」と書いてあったものを使ったら使えた、とある。

早速うちにもそんなレシーバがあったから使ってみたら、確かに使えた! やたっ。

と思って2日くらい経った今日、急に左右クリックボタン、ホイール(ホイールボタン、チルトも含めて)が効かなくなった。ポインタ移動、前後ボタンだけは効く。何回再接続させてもだめ。KVMに接続されているすべてのPCにおいてだめ。これはKVMとの相性だろう。まあ、KVMをリセットすればいいのだろうけど、すべてのPC(サーバ含む)をリセットしないといけないから、面倒。再発のことを考えれば、この組み合わせは安心して使えない。ふ~む。

VMwareのマウス暴走問題、解決!

ここで指摘した、VMware Server上のWindows 2000ゲストにおいてKVMを通すとマウスが暴走をはじめる問題は、以前LinuxでKVMを通すとマウスが爆走する問題によく似ている。そこで、そのときに試行錯誤した経験をいかして、マウスをPS/2-USB変換機を通して接続してみることにした。

するとFC5、VMware、その上のWindows 2000とも何事もなかったかのように起動してきて、今度はマウスが暴走することはなくなった。KVM + PS/2接続マウス + Linux + VMwareのコンビネーションで不具合が発生することがわかった。

ちなみに、今回用いたPS/2-USB変換機はCHESENというメーカのCHESEN PS2 to USB Converterというもの。特に何がいいってわけではないけど、ただ安かったから買っておいたもの。

KVM + Linuxにおけるマウスの爆走問題で散々苦労した甲斐があったというもの、かな。

VMwareとKVM

VMware Serverを使って、FC5ホストにWindows 2000ゲストをインストールし、VMware Toolsが入ったところまではすんなりいった。解像度はXGA以上に設定できたし、マウスポインタも透過的に利用できるようになった。でも、なぜか、ある拍子でマウスが暴走しだす。暴走、というよりも動作が緩慢になり、押してもいない右クリックやら左クリックが連発される。

マウスが暴走・・・

KVM(PC切替器)との相性が怪しい・・・

ということでマウスだけ別のものを直付けしたところ、マウスの暴走は治まった。VMware ToolsとKVMに相性問題があったとは!! またしてもKVMとの戦いになるのか・・・

それにしても、FC4+VMware Playerでは問題なかったことを考えると、VMware Serverに問題があるのかもしれないし、FC5に問題があるのかもしれない。いや、そもそもATENもどきのKVMが悪いのかもしれない。また新しいKVMを買ってくるかな。。。

キーボード、マウスの暴走解消

これまでず〜っと悩まされてきたキーボードとマウスの暴走がなぜか今ピタリと収まっている。Geode NX 1750 + 741GX-M + Fedora Core 4 + IC-814-I(ATEN OEM KVM Switch)のコンビネーションが良いのだろうか。

Dell Optiplex GC + FC4 + IC-814-Iではダメだったから、きっと741GX-Mがいいのだろう。というよりも、Optiplex GCがダメなのかも・・・

ただ、ちょっと気を付けないといけないのは、741GX-Mマシンをシャットダウンするときは、KVM Switchを別のマシンに切替えておかないと、なぜかKVM Switchが切り替わらなくなる、と言う不具合がある。まあ、これとキーボードマウスの暴走は比べるまでもないから、こちらのほうがいいんだけどね。

PS/2 to USB Converter をFC4で使う

FC4においてもKVMスイッチによるマウス暴走、キーボード暴走は止まらない。これはLinux(Redhat系のみ?)とAten互換KVMスイッチとの根本的な問題なのかもしれない。そこでPS/2 to USB ConverterをFC4で試してみよう。

まずは前回試した怪しいブツを試してみたけど、ぜんぜんだめだめ。動くことは動くんだけど、反応が遅い。これは使えない。しかも、コールドブートするとマウスが動かない。一旦USBポートを抜き差しすれば使えるようになるけど、そんなに頻繁にブートするもんじゃないけど、ブートするたびにこれをやるのは避けたいところ。

もっと怪しいPS/2 to USB Converterも試してみたけど症状は同じ。どうやらFC4ではPS/2 to USB Converterはうまく動かないらしい。今後のupdateで使えるようになるかもしれないけど、あまりにも不安定で常時使っていくのはいまいちかも。やっぱりKVMスイッチを換えないといけないかなぁ。

PS/2 to USB Converter その2

ふとマシンを再起動してみたらマウスが効かなくなっている。真っ先に疑うのはやはりPS/2 to USB Converterであり、案の定、PC切替器(KVM)からのマウス用PS/2コネクタを直接つなぐと動くから、Redhat9のときに起こった現象と同じのようだ。Linuxは再起動を滅多に行わないから、不具合が起きた時に前回再起動時から何をやったか思い出すのが大変。。。

結局FC3マシンもキーボードはKVMと直結して、マウスだけPS/2 to USB Converterを通してUSB接続としてみた。暴走して被害が多いのはマウスだからね。これでとりあえずマウスの暴走も起こってないし、ちゃんとスクロールもできている。一件落着か!?

しかし、しばらくはマウスもキーボードもconverterを通して使えたわけだから、なんとかすれば常用できるとは思うんだけど。。。 別のconverterを買ってきて、そいつはキーボードとの間に入れることもできなくもない。KVMの次はPS/2-USB変換器ですか。。。

PS/2 to USB Converter

CHESEN PS/2 to USB ConverterPC切替器とFedora Core 3との相性が悪くて困っていたんだけど、前回はカーネルパラメータを工夫することでなんとか使えるレベルまできたけど、まだマウスのスクロールが使えなかったり、キーボード、マウスの暴走が時々起こっていた。

それでも、不思議なことにUSBで接続されたマウスは全く暴走することなく動作していたことから、PC切替器から出力されるPS/2キーボードとマウスの信号をPS/2 to USBコンバーターでUSBにしてしまえば解決するのかも、と淡い期待をもちつつも、猛烈に怪しいパッケージのこのコンバータを買ってみた。ツクモにて¥997なり。
続きを読む PS/2 to USB Converter

Fedora Core 3 USBマウスの不具合

KVM経由のマウス不具合はカーネルパラメータにpsmouse.proto=bareを追加することで解決したけど、今度はUSBマウスを認識しないことが判明。Redhat Linux 9では何もしなくてもさくさく動いていただけに、Fedora Coreめ〜、といった感じ。

システムログにはこんな感じのものが出ている。

Jan 16 18:10:59 florida kernel: usb 1-1: new low speed USB device using uhci_hcd and address 5
Jan 16 18:11:00 florida kernel: usb 1-1: khubd timed out on ep0in
Jan 16 18:11:05 florida kernel: usb 1-1: khubd timed out on ep0out
Jan 16 18:11:11 florida kernel: usb 1-1: khubd timed out on ep0out
Jan 16 18:11:11 florida kernel: usb 1-1: device not accepting address 5, error -110

気を取りなおして、早速ググってみると、USB関連の話題でacpi=offにすれば解決するみたいなことが書かれていたので早速カーネルパラメータに追加してみた。

すると一発解決! しかも、USBマウスのほうではスクロールもちゃんと機能している。なんじゃこりゃ?! こうなったらキーボードも含めてUSBに移行しちゃおかな。USBマウス・キーボード用のPC切替器もあったはずだし。KVMかますとまた問題起こるかもしれないけど (-_-;;

USBマウス1つ使うだけでもこれだけ苦労するとは。。。 やはりLinuxはこうでなくっちゃ?!