「ARAID99-2000」カテゴリーアーカイブ

LVMパーティションの拡張

ようやくLVMパーティションの拡張に成功した! とりあえず2日運用してみて全く問題は発生していない。

ということで、その顛末をまとめてみたんだけど、ブログエントリにするには分量が多いので研究室のコンテンツとしてアップしたので、LVMパーティションの拡張を見てください。

やれやれ、これでARAID99-2000も末永く使っていけるようになったな。

RAIDパーティションの拡張 − その2

前回はちょっとした調査だけで終わってしまったけど、250GBもある容量のうち120GBしか使っていないのはあまりにももったいないから、RAIDパーティションの拡張に挑戦してみた。

前回はpartedが使えそうだということと、partedが実行されるLinuxが存在するパーティションについては適用できない、と言うことが分かった。

で、まずGNU Parted専用のブートディスクを作成するにはに見習ってparted専用ブートフロッピーを作ってみた。というか、作ろうとした。けど、partedのブートイメージのダウンロードサイトに行っても2枚目のブートフロッピーのイメージが見当たらない。適当なファイルをフロッピーに展開してみたけどだめだった。
続きを読む RAIDパーティションの拡張 − その2

RAIDパーティションの拡張

最近どんな岩石よりも硬く安定している我が家のサーバ(なんちゅー比喩)。何が功を奏したのか分からないところが腑に落ちないけど、安定していると言うことはいいことだ。熱暴走対策(ケースに穴を開けてファンを増設)、ARAID99-2000のファームアップ、余計なプロセスの停止・・・ と、いろいろと手を打ってきたけど、結局は不安定なパッケージをupdateしてしまったんじゃないかと思っている。

FC3のupdateを行う際にローカルでテストしてからサーバにupdateする、なんて面倒くさい手順を踏めばいいのだろうけど、今回みたいに症状が出るのにある程度の時間がかかる場合はとてもやっかいだね。それよりもupdateしないリスクのほうが高いからupdateをやめるわけにもいかないし。

さてさて、この騒動のさなか、120GBだったディスク容量がいつの間にか250GBにアップしたんだけど、RAIDで認識される容量は依然として120GBのまま。これは不具合でもなんでもないんだけど、どうせなら250GBすべてを使いたくなるもの。

Linuxにはpartedというパーティション管理ユーティリティがあるものの、使ったことがない上に、RAIDパーティションについても使えるのかは分からない。一応、ARAID99-2000のマニュアルにこのような場合は

  1. ミラーリングを解除して、シングルドライブとして起動する。
  2. パーティション変更ツールでパーティションの容量を変更する(120GB -> 250GB)。
  3. 解除したドライブを戻して再構成する

と言う手順をふむといいらしい。

でもまあ、とりあえずpartedを起動して、パーティション情報を確認してみる。(parted) print
/dev/sdaの Disk geometry: 0.000-238475.179 メガバイト
ディスクラベルの種類: msdos
マイナー 開始 終了 種類 ファイルシステム フラグ
1 0.031 101.975 プライマリ ext3 boot
2 101.975 114470.969 プライマリ ext3 lvm
となっているから、一応250GBは認識しているようだ。

ただ、partedはOSがmountしていない領域にしか使えないようだから、parted起動専用ディスクを作成するらしい。これはまた後日、だな。

ARAID99-2000のファームアップ

とりあえず昨日までの状態は、
Primary : なし
Secondary : ST3250823AS
の片肺運転。ちゃんとしたバックアップを取っていないから、いつまでもこの状態を続けるわけにもいかない。しかたないからもう一台ST3250823ASを買ってきてRAID 1 を再構成しようと思ったら。。。 OFF → FAILになってしまう。まずい、予想通り再構成に失敗するじゃん。。。

やはりここで言っていることが正しいのかもしれない。これから出てくるS-ATA IIドライブを使っていくにはファームアップの試練を乗り越えないといけないのかもしれない。。。
続きを読む ARAID99-2000のファームアップ

HDDが2台同時に壊れる?

前回やっと原因がつかめたと思ったけど、どうやらそうは簡単に問屋は卸してくれないみたい。というのも、新しいドライブ、Barracuda 7200.8 ST3250823AS (250GB) を買ってRAID 1(ARAID99-2000)の再構成が出来たところまでは良かった。ひとまず新しいドライブにデータをコピーできて一安心。

この状態では
Primary : 旧ドライブの生きていると思われるドライブ – ST3120026AS (120GB)
Secondary : 新ドライブ – ST3250823AS (250GB)
となっている。

しばらくするとカッコンカッコン音がするので見てみると、Primaryのほうの動きが怪しい。と思ったらサーバが死んだ。。。
続きを読む HDDが2台同時に壊れる?

サーバ不調の原因

ここのところ立て続けにサーバが落ちていた。現象としては、徐々に色々不具合がで始めて、しまいにはフリーズする、というもの。ゆっくり崩解していく、ってかんじ。

でも、今朝、ついにその原因判明。RAID 1のプライマリHDDのクラッシュだった。今朝気が付いたらまた落ちてたんだけど、いままでは警告が出てなかったけど今回はPrimary: Failってでてた。RAID 1にしておくとどうもこの手のゆっくりとだめになっていくクラッシュが多いな。。。

それでもSoftware RAIDの時はパタッと落ちちゃうことが多かったけど、ARAID99-2000のHDDクラッシュの場合はこういった徐々に機能しなくなるパターンなのかな? それともSeagate Barracuda 7200.7(ST3120026AS)の特徴なのかな? いずれにしても、風邪気味なのにHDDを買いに行かざるを得ないことには変わりがない (T_T)

サーバの冷却強化

ようやくサーバの冷却強化に重い腰を上げました、とさ。今のうちに手を打っておかないと、夏場に熱暴走されるとただでさえも暑いのに汗だくになりながら対処しないといけなくなるからね。

まずはARAID99 2000のファンを静音タイプに変更しましょう。これで騒音を増やすことなく風量を稼ぐことができる。



高速電脳にて¥819だった! これは安い! 7cm角、15mm厚の静音ファンってそれだけでも珍しいのに。

で、12V maxでもちょっと気になる程度の音しかしない。これなら夏場はmaxにしておいても平気。ちなみに、今では70%程度でARAID99 2000の本体はひんやり冷たい。

次に行ったのが、サーバ本体のサイドエアダクトの作成。と言っても鉄板を四角くくりぬいただけだけど。


これで少しはよくなってくれるかな。