「電源」カテゴリーアーカイブ

充放電バッテリーケース BP-1 をiPod touchに対応させる

IMG_0010アキバのマルツパーツ館にて単三充電池×4でUSB充電できるケース(BP-1)が安かったので買ってみた。iPod touch Gen2は電池の減りが恐ろしく早くて、1日に2回は充電している。外出先で急に充電が必要になったことの場合を考えて、面白そうだから買ってみた。400円くらいだったし。iPod touchは内蔵バッテリー容量も結構大きいらしいから、単三充電池×4の容量をもつこのケースは心強い(重いけど)。

ちょっとだけこのケースの解説をすると、まず、充電、放電、Offがスイッチで切り替えられるようになっている。充電モードでは充電池を入れておいて、付属のUSBケーブルでパソコンのUSBポートなどに挿せば電池が充電される。LEDが充電中、充電完了を教えてくれるのが親切。放電モードにすればUSBポートから充電できる機器に対して充電することができる。

さて、充電が完了したBP-1におもむろにiPod touchをつないでみたならば、、、 充電されない。。。 さすが某リンゴ会社。純正USBケーブルを使ったんだけど、どこかでiPod touch対応の充電器であるかそうでないかを判断しているらしい。

充電器といえばLimorさんのMinty Boostのページをつらつらと眺めていたら、iPodに対応するために、USBの信号線を100kΩの抵抗で3Vの電源にプルアップしている、と書かれてあった。一応Minty BoostはiPod touchは動作が怪しいけど対応可、となっている。回路図を見てみると、ただ単にバッテリー出力(乾電池3V or 充電池2.4V)からUSBの信号線D+とD-に100kΩの抵抗をはさんで接続しているだけ。

IMG_0013それではと、BP-1のUSBポートはどうなっているのかと中をあけてみると、見事にD+、D-は浮いている(=どこにもつながっていない)。それより、安いのに基板上には所狭しといろいろなものが実装されている。これでよく元が取れるなぁ、と感心してしまった。いや、そもそも、こんなに複雑な回路でなにやってるんだろう?

脱線してしまったが、ようするにどこにもつながってないD+とD-端子に100kΩ抵抗と3Vをつなげばいいわけね。でも、BP-1はMinty Boostとは違って単三充電池×4なので、バッテリー出力そのままだと5V超までプルアップされてしまい、USB信号電圧3.3Vを超えてしまう。いろいろとテスターで電圧を測っていたら、LEDには2Vが供給されているのが分かった。2Vのプルアップならなんとかなるかも、と思って千石電商で買ってきた小型の100kΩ(1/8W)抵抗を試しにつないで見たらバッチリ! iPod touchがケースを電源として認識して充電を開始しましたよ。

IMG_0015すかさず基板にハンダ付け。これまたお得意のヒヤヒヤドキドキ空中配線。これならリード線すらいりません。お手軽簡単。最近は熱収縮チューブを使うのも面倒臭がっている。いけませんねぇ。

IMG_0017完成~! ちゃんとiPod touch Gen2が充電されてます。満充電のBP-1がバッテリー切れのiPod touchをどこまで充電できるか、今度試してみよう。ひとまず今回は大成功、ということで。

2009/07/27 追記:
はい、iPod touch Gen2を再起不能なまでに電池を使い切って、BP-1をこれ以上充電できないくらい充電して試してみました。いつまでたっても充電が終わらないなぁと思ったら、iPod touchはとっくに満充電されてて、バッテリーの中にコンセントマークが出てた。この勢いならiPhoneも満充電できるんじゃないかな。

picoPSU-120

これまでに幾度か登場してきたサブ機だけど、こやつはちゃちゃっとすぐに使えていろいろ試せないといけない。ということは常時電源on。なので出来るだけ省電力+静音でないといけない。

今回はこの「静音」の部分に手を入れたい。で、HDDはすべてSSDにしてしまったし、CPUはもともとAMD Athlon X2 4050eでCPUクーラーはShuriken+静音ファン。Shurikenのファンは十分静音なんだけど、そのままだと光学ドライブと干渉するのであえて換装。ケースファンは当然ながら取っ払ってる。すると残る駆動部分は光学ドライブ以外は電源ファンのみとなり、これを静音化するには・・・ ということで、電源もろとも取り去る荒業にでた(汗)。

交換したのはpicoPSU-120というもので、写真のメモリの下の白い電源コネクタに刺さっている小基板がそれである。これは12V ACアダプタをつなげばATX電源の代わりになるという優れもの。しかも最大120Wまで対応しているというから驚き桃の木。12V 7AのACアダプタをつなげているので84Wだけど、CPU、CPUクーラー(のファン)、DVD-RWドライブ(普通の5インチベイ用)、SSD×2、メモリ1GB×4 をつないでるけどびくともしない。

これで騒音源で残るはCPUクーラーのファンのみ。さて、どうするかな。
(本番機のほうがずっとうるさいんですけど。。。)

スリムケースにATX電源 ・・・ 真空管アンプ?

投売り状態だったスリムタイプPCケース、VT-123の電源が壊れて久しい。サブ機として頑張ってくれていたんだけど、電源をこれまたジャンクのSFXっぽい電源を外付けで使ってて、サブ機のOSを入れ替えるのとついでに電源もいじることにした。

といっても、これの換えの電源は1万4千円以上してしまい、VT-123をもう2台買えちゃうくらい高い。しかも、SFX電源ってうるさいわりには壊れやすいってイメージがあって。。。

やっぱり静音性、汎用性、コストパフォーマンス、入手性、多様性から考えるとATX電源はい〜な〜。でも、VT-123はスリムケース。。。

VT-123は廃棄してしまって、新しく超小型のATXケースを買おうと思っていたので、ものは試しでVT-123にATX電源を載せちゃいました。

これはただ電源をのっけてるだけじゃないんです。天板をくり抜いて、調度電源のファンがCPUクーラのヒートシンクに密着するようにしたんです。そうすればCPUクーラのファンも取り除けるし、ダブルで静音効果!

とりあえず家で余っていたそんなに静音でもない電源を取り付けてみたところ、と〜っても静か。つけているのを忘れるくらい。電源の12cmファンが強烈だからケースファンを止めることもできるし。

もともとの電源のスペースはうまい具合に使わないケーブルを収納するのに便利だった。

見た目が真空管アンプみたいなのがタマにキズだけど、これはこれでありかも。本当に静音な電源と取り替えてみようかな。

P4M800PRO-MとE4300で遊ぶ(2)

昨日散々苦労したP4M800PRO-Mを手に、初期不良であることに自信満々でソフマップに持ち込んでみると・・・ あっさり動いてやんの (−_−;)
なぜだろう。。。
Pentium 4 3.2GHz、普通のDDR400-256MBメモリだそうな。。。

ま、とりあえずちゃんと動くマザボであることは分かった。メモリとの相性がきついんだろうな、きっと。

E4300で起動しないのは分かるけど、さすがにPentium D 3.2GHzで起動しないわけはないからCPUはとりあえずこれでいこう。電源も怪しいと言えば怪しいから、念のため赤い彗静 400W ¥3,643をクレバリーでゲット。この電源もかな〜り怪しいけど、赤くてカッコイイ。

さて、とりあえずE4300と赤い彗静を試してみるけど昨日と同じ。どのメモリもだめ。

つぎにPen Dと赤い彗静を試してみるけど、これもだめ。と、ここでDell Dimension 5150に刺さっているDDR2-533メモリを試していないことに気がついた!! DDR2はそもそも考えていなかった・・・

ワクワク、ドキドキ、期待を胸にDDR2を挿してみたら。。。

(聞きなれている)ピッ、ピッ

おおお〜〜〜、BIOS画面を初めて拝むことができました〜〜〜
試しにE4300にCPUを交換してみるとこちらはNG。そっか・・・ 昨日からとっかえひっかえ、いろいろとやってきたけど、Pen D+DDR2という、Dimension 5150に刺さっていたものをそのままもってきたら良かったのか・・・ というよりも、その組み合わせでないと動かなかったのか・・・

ECSのWebサイトを見たらちゃんとE4300はサポートされていたのだけど、BIOSが06/12/14から、となっている。オンボードのはたぶん古いんだろう。早速BIOSをアップデートしてみて、E4300に乗せ替えたら今度はちゃんと起動した。試しに手持ちのメモリを再度挿しなおしてみたら・・・ 4種類中、2種類はちゃんと動作することが判明。BIOSアップで対応するようになったんだね。とりあえずこれで使おうと思ってたメモリが動作することが分かって、E4300もちゃんと認識され、一件落着。

ふぅ〜〜〜、久しぶりに苦労した。。。

さて、一通り環境のセットアップが済んだらOCでもしてみようかな。

電源容量ギリギリ

旧サーバから一部データが移行できていなかったから、旧サーバのHDDをメインマシンにつないだところ、起動しなくなってしまった。グラボのBIOS画面もでてこない。

増設したHDDを抜いたらちゃんと起動してくることから、電源容量がギリギリだったことが判明。外付けUSBケースにいれて、電源をACアダプタ経由にしたらちゃんとメインマシンは起動してきたし、増設したHDDにアクセスすることもできた。

増設したのはこの記事のNextwave SilentKing2 PFC 400W なんだけど、400Wっていう数字に惑わされてはいけないんだろうな。とはいっても、メインマシンにはPentium4 2.8GHz@3GHz駆動、1GBメモリ、HDD、DVD-ROM、CD-RW、スーパードライブ、FDDがつなげてあるから400Wじゃ、足りないというのも分からないこともない。でも、かなーり昔のSeventeam 250W電源でも起動できていたことを考えるとね。

電源のワット表示はあまりあてにならない、ということかな。

電源交換

Windows系サーバマシンの調子が悪いと思ったら、今度はメインマシンが起動不能に。不運は続くもので。。。

症状は、電源onとともに一見電源が入っているように見えるけど、Video BIOS画面すら現れない、というもの。これはBIOSが吹っ飛んだか電源が逝っちゃったかどっちかでしょう。ということで、あまってた電源をつなげてみたら無事起動してきたから電源が犯人でした。ちなみに、あまってた電源はなつかしのSeventeam 250Wのものなんだけど、P4PE+Pen3 2.8GHz+HDD+光ドライブ×2+SuperDriveの重装備だけどモーマンタイ。なーんだ、大丈夫じゃん、と思ったけど長い間つなげておきたくないね。

Nextwave SilentKing2

Nextwave SilentKing2

代わりの電源はNextwave SilentKing2 PFC 400W。ドスパラで¥4,980なり。これがまた静かな電源で、Fanが回っているのが分からないくらい。12cmファンがなんとも頼もしいし、なんといっても400Wのゆとりが嬉しいね。

それよりIntel純正CPUファンがうるさい (-_-#