「偽タイムドメイン」カテゴリーアーカイブ

JHT-221、偽タイムドメインlight改、タイムドメインmini-f改の聞き比べ

さて、今回もリファレンスディスクは谷村有美のdocile(滝汗)。の他にもGarnet Crowの「I’m waiting 4 you」、シューベルト、Spandau Balletと幅広く聴いてみたり。と言っても、これらを聴きながら気ままに3つのスピーカを切り替えながら流して聴いて、気になるところだけ比較して聴いてみた。

まずはJHT-221。「お、2つも買ったのか、物好きめ!!」と言ったツッコミはさておき、あらためてこのスピーカで聴くとその安っぽさが伝わってくる。新聞紙でスピーカのコーンを作って鳴らしたこんな音になるかな〜、って想像したときの音。高音は出ているけど薄っぺらくって、その上、障子の向こうで音が鳴っているような感じがする。低音はさらに薄っぺらくって、ペコポコして思わず笑ってしまうくらい。

それでも不思議と女性ボーカルの音域ではのびのびとした音が出ていて、安っぽさが逆にスピード感に変身している。女性ボーカルだけに注目すれば、なかなかいい線いっている。ピアノでも普通に聴いている分にはそれほど違和感は無い。高音が続くとさすがに安っぽさがでてしまうけど。

ジャンルを限定すればなかなかいけてるし、¥880なら納得する音だけど、さすがに長くは聴いていられないな。

次は偽タイムドメインlight改。ネーミングはさておき、JHT-221から切り替えると音の厚みが一気に増えるのが分かる。中域の圧倒的な情報量はお兄さんのWhisperを受け継いでいるのが良く分かる。

ここでも面白いのは情報量が増えることによって若干ボーカルが引きこもること。周りの音が主張を始めるためなのか、そもそもAurasoundはこの傾向があるのか。それでもボーカルの息づかい、ニュアンスまでも伝わってきそうな情報量は素晴らしい。改造した甲斐があったというもの。

ただ、やはりというか、低音はまったく出ていない。JHT-221の笑いを誘うペコポコよりはいいものの、やはり「低音」とは呼べない。

しかも、ちょっと気になるのは、Whisperのときに感じた高音の抜けのよさがいまひとつ感じられないこと。高音の伸びは期待していたとおりだったけど、Whisperと比較するとほんの少しだけ高音の伸びが足りないような気がする。中域のちょっと高いあたりに重きを置いた音、そんな感じがする。

ただ、気軽に音楽を聞く分にはもしかしたらWhisperよりもいいかもしれない。

最後にタイムドメインmini(富士通版−改)。TDmf改とでもするかな。

こちらはやはり高音から低音まで高密度な音を出す。これまでの2つを聴いていると、TDmf改は低音が凄い、と感じてしまう。すべての音域について偽タイムドメインlight改を上回っている。やはりTDmf改は素晴らしい。3つのうちどれがいい、って聞かれたら文句なしにTDmf改だな。

と、書いたところで偽タイムドメインlight改が成功だったかどうか???になってきた。JHT-221よりかは格段によくなったので、その点では○。でも、TDmf改には完敗したことには×。少しはTDmf改よりはいいところもあるかと思ったけど。。。

Cougarがいまいちだったのか、そもそもこのサイズのスピーカーに多くを望んではいけなかったのか・・・ ちょっと複雑。

JHT-221:偽タイムドメインlight改造:とりあえず完成

前回スタンド部分を作ったけど、その部品を紹介しよう。これは土台とスタンドの足となる部品。

まあ、これはたまたま東急ハンズにあったというだけで、たいていどのDIYにでもおいてあるような金物部材です。特にこれが良かった、というところはないかな (^_^;;

次にスタンドのベースとなる部分。これも排水口のフタ。

あとは、スタンドのベースと足はねじ止めにしたかったので、ねじ頭の薄い「超低頭小ねじ」を使った。

排水口のフタとはいえ、結構きらきらしていてきれいだったりする。

超低頭小ねじは確かにねじ頭が薄いけど、精密ドライバーでないと締められないのが難点。ま、一回締めてしまえばいいのであまり問題ではないけど。

さて、今回は入力端子の加工から始めよう。調度おしり部分に固定用の溝があったので、ここに3.5mm ミニジャックをつけて、直接プラグインできるようにしよう。

これはジャック部分で、3.5mmのものを使っている。2.5mmのほうが小型でいいんだけど、あまりポピュラーじゃないからパス。

これは本体の加工後。ただ単にドリルで穴を開けただけ。5mmのドリル刃で開けたけど、穴の直径は5.7mmくらいは欲しいから、5.5mmくらいは欲しい。

内側から見た図。

そもそもここは卵エンクロージャとスタンドを固定するための部分だったから、表側にも裏側にも凸型に出っ張ってた。そこを強引に穴をあけて平らにしたわけ。たいした作業じゃないけどね。

ミニジャックを取り付けてみた。まさにぴったり! ジャックを取り付けるために用意されていたみたい。

内側から見た図。

とりあえず仮組みでスピーカユニット、土台、スタンド部分を組み合わせてみた。瞬間接着剤を使ったのはユニットと土台を固定するためのねじを土台に固定するところだけ。あとはねじ止め。

ねじ止めのほうが微調整が効くし、やり直しもできるからいいね。あと、瞬間接着剤は意外と強度がないことも分かった。少し力を入れるとパキッととれちゃうこともある。その点でもねじ止めのほうがいいね。

ユニットとミニジャックを結線した図。

使ったコードはAudio Technicaの細いケーブル。はんだは当然SharkWire! ユニット側にはWhisperと違って端子が出ていたから圧着だけでも良かったかもしれないけど、ここは手堅くはんだ付けでいこう。

そして、すべての部品を組み上げたら完成〜〜〜!!! パチパチパチ〜〜〜

卵の殻は前にも書いたように安いプラスチックのようで、何回もタッピングねじを出し入れしたくないから当面は養生テープで固定。

それにしても、今回もAuraSoundの銀色のドーム型振動板がきらきら光っていて美しい。台もシルバーで汎用品を組み合わせているとは思えない出来栄え。

横から見た図。

3.5mmミニプラグだからやっぱりちょっと大きいかな。それでも元からあったくぼみがなかなかいい位置にあったから、あまり違和感がない。L型プラグを使えばもうちょっとすっきりするかな?

端子部分のクローズアップ。

元々スピーカコードが出ていた穴はきちんと埋めてある。ここが開いていても音には影響しないと思うけど、オーディオは精神論だからね。きちんと閉めるところは閉めるという気持ちが大切。

それでも、やっぱり3.5mmは大きかったかな。。。 次回は2.5mmにしよう(次回はないと思うけど。。。)

さて、試聴・・・ は、今回時間切れなので次回にしよう。というのも、CDをちゃんとアンプを通して聞く環境がなぜか整備されていなくて。。。 ここでも若干の自作が必要だったりして。。。

次回はTimedomain mini(富士通版改)、偽Timedomain light(オリジナル)、偽Timedomain light(改)の三つ巴リスニング大会の模様をお届けいたします(笑)。

JHT-221:偽タイムドメインlight改造:土台完成

今回はいよいよ土台の完成までこぎつけよう。

今回の課題は土台からスタンドにかけてエンクロージャ(卵の殻)に穴を開けないといけないこと。そしてその穴を密閉するためのクッションも必要。っていうことでまずはそのクッションの登場。

幅5mmの隙間用フェルトテープ。東急ハンズで¥504。

穴を開けるのはちゃんとした工具があれば簡単だけど、そんな大げさな工具を持っているわけではないので、地道に努力しよう。

一番手っ取り早いのはニブリングカッター。でも、手持ちのニブリングはちょっとだけ開口が足りなくて、殻のほうがちょっとだけ厚かった。そこは諦めずに創意工夫で乗り越えよう。ちょっとだけ引っかかるところをカッターで削って(やわらかいプラスチックだから簡単に削れる)、ニブリングが対応できる厚さになったらバチンと切り取る。

を、地道に繰り返したらようやく思ったような穴があいた。

さて、土台の総仕上げとして隙間埋めフェルトテープをエンクロージャと当たるところに貼ることにしよう。

前回スポンジを加工して作ったところもフェルトテープを使ったほうがスマートにできるし、エンクロージャとの接点もしっくりするのでこのやり方に変えた。ま、なんでも試行錯誤だね。

スタンドに設置するためのL字金具を試しにつけてみた。やっと形になってきたね。

L字金具を外して、土台にスピーカユニットを仮固定してエンクロージャを仮に閉じてみた。

隙間埋めフェルトテープがうまい具合に隙間をキレイに埋めてくれているのが分かる。これは大成功だ。

さて、残るはスタンド部分の作成と、入力端子の作成だ。スタンドはほぼ材料も揃っているし、調整・組み立てのみだな。おっと、そういえば入力端子をまだ入手していないんだった。いいものが見つかるかな?

JHT-221:偽タイムドメインlight改造:土台作り

さて、それでは本格的に偽タイムドメインlight改造に取り掛かるとしましょうか。まずはスピーカユニットを固定する土台作りから始めよう。前にも言ったけど、元々の偽lightには土台がないから一から作らないといけないのと、それがスタンドと一体化されていて固定されていないといけない。その上にエンクロージャがクッションによって半固定(フローティング)されている必要がある。

と、まずは前回ユニットとエンクロージャの隙間を埋めるのにパッキンを使ったけど、前回のパッキンはちょっと大きかった。径は30mmとさらに小さめだけど細めのOリングを手に入れたので、こちらを試してみた。

ちなみに、これは見てのとおり東急ハンズにて入手。5個入りで¥367。

右側に新しいOリングをはめたユニット、左側に素のユニットを並べてみた。ちょっときついけど、細いOリングだからユニットにはめるのはこちらのほうが楽かもしれない。

黒いユニットに黒いリングだからかなり見づらいけど。。。

ここで試しにエンクロージャを被せてみると、これまでで最高のフィット感!! これだ、これでいこう!!

って、写真を見るだけじゃ分からないだろうなぁ。

さて、本題の土台作りに戻ろう。

ベースとなるのは排水口のフタで1個¥240。ユニットをベースに固定するための支柱として皿小ねじ(M3, 25mm)を4本×2。これも東急ハンズで¥100。

とりあえず位置あわせ。

フタの溝がうまい具合に開いていればねじ止めできたけど、そうはうまくいかなかったから仕方がなく、瞬間接着剤でとめることにしよう。

ここで皿ねじを使うのがポイント。接着面がフラットになるし、より垂直に立てられるから。

慎重に瞬間接着剤でねじをベースに接着して待つこと数分。さすが瞬間接着剤。ものの5分でカッチンカッチンに固まっている。ちょっとあせって途中で触っていたら手についちゃって、それが他のところについちゃって。。。 あせらずに10分くらいは放置しておこう。

ベースの中央にちょうどよく穴が開いているから、ここにねじを通してエンクロージャ(後方の殻)の支えにはまるようにしよう。土台とエンクロージャは半固定にするから、ガッチリ固定するわけではなく、クッションを入れる必要がある。

まずはそのクッションを作ろう。って、大したことはなく、使ったのはPC部品の梱包材に使われている薄いクッション材。「*」を書いて、そこをカッターで切る。

使ったねじはM5, 10mmで、ナットで固定している。M5のねじではちょっと隙間ができるから、慎重に中心で固定する。ここがぶれると組み立ての段階でユニットがぴったりとエンクロージャの口に合わなくなる可能性がある。

あとは先ほど作ったクッションを被せて余分なところをトリミングすればOK。これでエンクロージャの支柱と適度な固定とクッションが得られるはず。

あとは金具を組み合わせてスタンド部分との連結を作る。使っている金具は小型のL字のものとストレート金具それぞれ2つ。これは片方だけだから、もう片方分として2つずつ必要。固定しているのはM3, 10mmの普通のネジとナット。

ここは運が良く、ちょうどフタの溝とねじ穴がぴったりあっていて、ねじ止めで固定できた。ちなみに、ストレート金具は2枚重ねている。スタンドとはガッチリ固定したいからね。

さて、これで土台が完成した!! 残る作業は、土台から伸びるスタンドとの接続部分をエンクロージャに穴を開けて外側に出してあげないといけない。どこに穴をあけようか。。。 しかも、そこにはクッションをつけて密封を保たないといけないし。

そしてスタンドを作らないといけない。シンプルであって、かつ、適度な重量と安定性があるものでないといけない。これが探してもなかなかないんだな。

まだまだ続く。。。

JHT-221:偽タイムドメインlightを分解する

早速分解しちゃってます (^^;
お目当ては卵の殻なので、その他のものは全部捨て!

それにしても安い部品ばっかり使ってる。プラスチックなんて、ネジをはずしたらぼろぼろとネジ山が崩れちゃうくらいもろい。スピーカユニットは固定されておらず、卵の殻の前後に挟まれているだけだし。ちゃんと音が鳴っているのが不思議なくらい。さすが中国製・・・

殻の中は2本の支柱によって接合されている。実はこの殻、案外しっかりしている。
ちなみに、真中の支柱はスピーカユニットを後ろから抑えるためのもので、その上のものはダクトで、一応バスレフだったりして。もちろん、その効果はほとんどないに等しいけど。

そしてここでいきなり最終兵器登場!!

そう、本サイトお得意のAurasoundなんだけど、今度はCougar!! ネーミングの根拠はわからんのですが。。。 (^^;;; ちなみに、正式な型番はNSW1-205-8Aで、スペックシートはここ。とにかく偽lightはタイムドメイン mini よりも一回り小さいから、Whisperよりも小さなユニットが必要で、Aurasoundにおあつらえ向きのユニットがあったわけ。Whisperは2 inch (50.8mm) ユニットで、Cougarは1 inch (25.4mm) ユニット。

今度は素直にYokohama Bayside Shopにて購入。1ヶ月待つのはいやだし、Whisperを買ってから、随分値下げされているみたい。もしかしたらこのサイトの影響もありかな?!

とりあえず注文して銀行振込の2日後には到着。注文受付、入金確認、発送のタイミングでメールが届くきめの細かいサービス。さすがYokohama Bayside Shop!

さて、Cougarは本当に小さい! 1 inchサイズとはいえ、偽TIMEDOMAIN light付属の安ユニット、Sony SRS-Z1ユニット、TIMEDOMAIN mini(富士通版)付属のユニットと比べてもその小ささが際立っている。Whisperもそうだったけど、奥行き(高さ?)が短い。

ちなみに、Cougarには底面(?)に端子が出ているのでちょっとだけゲタをはいている。ハンダ付けの必要がないのは便利かもしれないけど、最終的にはハンダ付けする予定。例のSharkwireでね。

ちなみに、Sony SRS-Z1ユニットは偽lightにピッタリ!! 最初これでいこうかと思ったけど、このユニットの不自然な高音を思い出してやめてしまった。Cougarが成功したらこれでもうひとつ作ってみようか。。。

さて、Cougarをそのまま偽lightの殻に当てはめてみると、すっぽりとユニットが口から飛び出てしまうのであった。Cougarがちょっとだけ穴に対して小さかった。残念!

写真では見えないけど、うっすらと隙間が開いている。もちろん、このままではダメダメ・・・ なんとかしてこの隙間を埋めなければ・・・

それはそうと、今回は偽lightにminiのときのようにユニットを固定する”土台”がないから改造はさらに面倒になる。まずは土台を決めて、それにユニットを固定する。それから土台をスタンドに固定して、殻(エンクロージャ)は土台に”乗せる”だけ、というのが基本コンセプト。そもそもスタンドも作らないといけないし。。。

さて、土台になりそうなのが排水溝のフタ (^^;;; これは近所の日曜大工屋さんで一個¥240。CougarはWhisper同様、底面が開放されていて後方への音の抜けも良さそうなのがポイント。だから土台もその妨げにならないものが良かった。後にバスレフポートを開けて遊ぶときにも好都合になるし。

あとは隙間を埋めるためのパッキン。東急ハンズにて1パック2個入りで¥210。Cougarはダンパーの外周が31mm、ユニットの外周(ステイを除く円柱の外周)が36mmなので、内径31.3mm、外径38mmのこのパッキンはピッタリなのだが、欲を言うと外径がもうちょっと大きかったら良かった。かなり位置決めをしっかりしないとパッキンがずれてしまう。パッキンを殻に接着することも考えられるけど、接着面積を大きく取れないから、ちゃんとつくかどうかも疑問。ゴムとプラスチックだからね。最も相性が悪い組み合わせだな。

こんなこともあろうかと、一応リング型のパッキンも買っておいた。こちらも東急ハンズで1パック2個入りで¥210。

こちらは31mm内径、35mm外径だけど、写真のようにちょっと広げてユニットの外周にとめておく。って、暗いし黒いユニット上に黒いゴムだから見えないね。

パッキンをユニットの外周に巻いているだけだけど、このようにするとパッキンと殻の内側が接触して調度いい具合にはまっている。さらに隙間埋めテープの小さいものがあればそれを貼って、さらに隙間を埋めると完璧かもしれない。できるだけ内部の音の漏れは最小限に抑えたい。

さて、ユニットと殻の接合はなんとかめどがついた。土台も入手済み。あとは土台とユニットの固定(またしてもネジ4本による固定かな?)、スタンドの製作(いい小型のスタンドがない・・・)、土台とスタンドの接続(これは瞬間接着剤かな?)、端子の取り付け+内部配線(今度はミニプラグにして、ここにもSharkwire、と)、薄めの吸音材を入れて・・・

今回は結構手間がかかるなぁ・・・

JHT-221:偽タイムドメインlightで遊ぶ

iAUDIO M3の交換用バッテリーを買いに若松通商に行ったらJHT-211って型番のTIMEDOMAIN lightの偽物が売られていた。たぶん、これだと思う。金河田(Golden Field)って会社が作ってるらしいけど、さすが中国だね。チープな製品が揃ってる。

まあ、¥880だった(元々は¥1,980だったらしいけど)から、ついでに買っちゃった。売られていたのは3色で、緑、紫、ピンク。シルバーもラインアップにはあるみたいだけど売ってなかった。本当はシルバーが欲しかったけど、不服ではあるけど緑を選んだ。

タイムドメインに似た作りではあるけど、実際は全く違う。エンクロージャはフローティングされているように見えるけど、実際は土台と弱弱しくネジ止めされているだけ。よってエンクロージャはグ〜ラグラ・・・ スピーカユニットはエンクロージャに直付けのようなので、こちらもふ〜らふら。まさに形だけをコピーした薄っぺらな偽物・・・ どうせならエンクロージャ毎土台に強固に固定されていたほうがいい音出るだろうに、と思うんだけど・・・

スピーカユニットはその安っぽさが如何なく前面に押し出されている。センターコーンは半球でもなく、円錐でもなく、ただ丸いものが被さっているだけ。右側のセンターコーンはつぶれてるし
(−_−##)
見るからに安っぽい音がしそうなユニット。

まあ、とりあえずバッテリー交換している間にちょこっと聴いてみたけど、¥880にしてはそこそこの音が出る。高音は思ったより素直で、欲求不満になったり、耳障りな感じはない。ただ、音の分解能は著しく低く、ただ音が鳴っている。。。 といった感じ。タイムドメイン効果もあるといえばあるけど、歌手の唇まで見えてくるような。。。 ものはない。

ちなみに、新品のはずなのになぜか汚れが凄い。ユニットの前には保護のためかセロテープが貼られていて、それがまた汚い。さすが中国製。

面白いのは、アンプ内蔵スピーカなのにACアダプタがないこと。左スピーカ台の中にACアダプタがあって、右スピーカ台の中にアンプがあるので、左スピーカからいきなりAC100Vのコードが生えている。便利っちゃ〜便利だけどね。

それにしても、この内蔵アンプの質の悪いこと。増幅率1(要は増幅してない=仕事してない状態)くらいにしないとノイズが乗って使い物にならない。まあ、このスピーカは卵型エンクロージャ以外はユニットも含めて明日にも廃棄される運命だからいいんだけどね。

さて、まずはユニットの交換を考えないといけないんだけど、実はTIMEDOMAIN miniよりも小さいから、より径の小さいユニットを探さないといけない。 って、以前miniで失敗したSony SRS-Z1用ユニットがあるじゃないですか! しかもサイズはピッタリっぽい。まずはSRS-Z1用ユニットで遊んでみましょうかね。