i-modeよ、お前もか!

我が家ではB FLET’S回線を使っていて、ISPはPlalaにしているんだけど、ついにi-modeへもOutbound Port 25 Blockingを導入したらしい。これで我が家からケータイ向けへは直接メールできなくなってしまった。

迷惑メール業者対策なんだろうけど、これはあんまりだなぁ。もうちょっと他の手段がないものだろうか。ユーザからの一斉大量メールを監視して、ある量を超えたら接続できなくしてしまうとか。まあ、実際これをやろうとするとアクセスポイント毎にパケットキャプチャ+フィルタリング機能を持たせなくてはいけないから実施は難しいと思うけど。

恐らくSendmailの設定で、送信先メールサーバを追加すればいいのだと思うけど、バーチャルドメイン設定が施されている今の設定をいじりたくないなぁ。ってゆーか、迷惑メール業者も同じ対策がとれるわけで、あまり有効な対策じゃないんじゃないかと思う今日この頃。

暇が出来たら対応することにしよう・・・

「i-modeよ、お前もか!」への2件のフィードバック

  1. Outbound Port 25 はかなり有効な手段だと私は思いますけど…。
    プロバイダ間のメール転送ルートは基本的にPort25で、SPAMerの方々はこれを利用して配信先プロバイダに直接メールを送りつけているはずなので、、、
    Port25をプロバイダ指定サーバ以外接続不可にすれば、これら直接プロバイダ間のメール転送ルートに割り込む不逞なやからを排除できてかなり効果絶大な気がします。
    ちなみに、私のところに届く膨大なSMAPメールのうち日本国内から配信されたものは、このプロバイダ間のメール転送ルートに割り込んでいる不届きなものが大半を占めていたりします(^^;;
    # プロバイダ指定SMTPサーバー経由のSPAMメール送信は即刻退会処分ものですので、誰もやらないんですね(^^;

  2. 確かに、Outbound Port 25 BlockingはそのISPには有効なんですが、善良なISPは良いとしても、そうでないところはどうしようもないんですよね。そういう意味でちょっと不満があったりしたもので・・・
    とはいえ、やらないよりかはましだし、その対応自体も(Plalaの場合は)大したことないし。
    送信メール上限のあるISPなどでメーリングリストを運営している人は苦労しているみたいです。かわいそうに・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です