Outbound Port 25 Blocking対策

スパム対策に導入されたOutbound Port 25 Blockingへの対策・・・

簡単なことで、外向けのメールはすべてISP(我が家の場合はplala)のSMTPサーバに投げてあげればいいだけ。一部ISPでは送信メール数に上限があるみたいだけど、plalaは確認した限りではなさそう。まあ、我が家のメール送信数では問題にならないだろうけどね。

変更する箇所は1つだけで、/etc/mail/sendmail.mcの
dnl define(`SMART_HOST',`xxx.hogehoge.com')とコメントアウトされているところをdefine(`SMART_HOST',`isp.mail.servername.com')と、dnlを削除して有効化し、ISPのSMTPサーバ名(FQDN)に書き直せばOK。

あとは、# m4 /etc/mail/sendmail.mc > /etc/mail/sendmail.cfとしてsendmail.cfを作成して、
# /etc/rc.d/init.d/sendmail restartとしてsendmailを再起動するだけ。でもなぜかgenericstable.dbへのアクセス権がないとか言って再起動に失敗したんだけど、GUIの[システム設定]ー[サーバ設定]ー[サービス]でsendmailの再起動を行ってみたらちゃんとできた。とりあえず今日のところはこれで許してやろう。

genericstable.dbはsmmspとかいうユーザに設定されていたんだけど、どっかで見たような覚えが・・・ これはまた後で調べることにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です