Logicool Qcam Pro 4000 White

昼間の風景が撮れないようではしょうがない。おとなしくQcam Pro 4000を最初に買っておけばよかったと後悔しながらもビックカメラのポイントを使って買ってきましたとさ。

LOGICOOL QV-4000WH Qcam Pro 4000 ホワイトモデル

さて、まずはお昼の風景はどんな感じでしょう?

斜めになっているのはご愛嬌と言うことで、全体的にはいい感じかな。CCDらしい絵だけど、どうもピントがしっくり合っていない気がする。フォーカスリングをまわしてみても、ここがどうも一番ピントが合っている点らしい。

試しに夜景も撮ってみよう。

これ、ほんとに夜ですかぁ??? 妙に明るいんですけど。。。 ホワイトバランス、明るさをいじると夜らしくなるけど、そうすると昼間が暗くなるからなぁ。。。
しかし、これじゃ、夜景って雰囲気でないな。ビルの明かりとかはきれいに写っているけどね。

ついでだから200%デジタルズームもしておきましょう。

やっぱりデジタルズームはだめですなぁ。

もっとついでだから室内もQcam Communicate STXと同じアングルで室内を撮ってみよう。

ホワイトバランスはこちらのほうがよさそうかな。

JAL World of Beauties 9月は・・・

どちらかと言うとちょっとあっさり気味。ノイズっぽいというか、ざらついている、というか。

まあ、比べるまでも無く、昼間はQcam Pro 4000がいいけど、夜景はQcam Communicate STXのほうがいい。特徴としては、感度が高いけどノイズが目立つけどバランスよく撮れるのはQcam Pro 4000で、きめが細かく暗闇に強くて室内で至近距離の人物を撮るのに適しているのはQcam Communicate STXかな。

しかし、これでは昼夜で両方を使い分けないといけないかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です