またRAID再構成

最近鎮静化して来たと思っていたLinuxのSoftware RAIDだけど、またまたこんな状態に・・・

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md4 : active raid1 hda6[0] hdb6[1]
      58428288 blocks [2/2] [UU]       
md2 : active raid1 hda5[0] hdb5[1]
      1020032 blocks [2/2] [UU]       
md3 : active raid1 hda3[0](F) hdb3[1]
      10241344 blocks [2/1] [_U]
md0 : active raid1 hda2[0](F) hdb2[1]
      10241344 blocks [2/1] [_U]       
md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
      104320 blocks [2/2] [UU]

もう慣れちゃったけど、慎重に以下のコマンドを打ち込む。

# raidsetfaulty /dev/md3 /dev/hda3
# raidhotremove /dev/md3 /dev/hda3
# raidhotadd /dev/md3 /dev/hda3
# raidsetfaulty /dev/md0 /dev/hda2
# raidhotremove /dev/md0 /dev/hda2
# raidhotadd /dev/md0 /dev/hda2

今回は非同期ドライブ(パーティション)は2つある。2つ分の再構成コマンドを立て続けに打ち込んでも、実際には先に打ち込んだ再構成が先に処理され、終了次第次のパーティションの再構成が開始される。

あー、早くHardware RAIDに切替えなくては・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です