Windowsファイル共有のセッション切断

リムーバブルドライブをファイル共有している場合、その共有に対してアクセスがあるとセッションが確立されて、しばらくは「ハードウェアの安全な取り外し」を行ってそのリムーバブルドライブを取り外そうとしても、「デバイス '汎用ボリューム' を今停止できません。後でデバイスの停止をもう一度実行してください。」と怒られてしまう。

一度セッションが確立されると、例えアクセスしているエクスプローラなり、アプリケーションなりを終了させてもセッション自体はある程度の時間保持されている。このタイムアウトを待って”安全な取り外し”を行うことはナンセンスなので、何とかして強制的にセッションを切断したくなる。

方法は、[スタート]−[コントロールパネル]−[管理ツール]−[コンピュータの管理]−[システムツール]−[共有フォルダ]−[セッション]に表示されているセッションのうち、強制切断したいものを選んで「セッションを閉じる」を実行すればいい。これで”安全な取り外し”ができるようになるはず。

当然ながらローカルでもその共有にアクセスしているアプリケーション(エクスプローラで共有フォルダを開いてる、共有フォルダ上のプログラムを実行している・・・)をすべて終了させないといけないのは言うまでもないけど・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です