iAUDIO M3のバッテリー交換

最近iAUDIO M3のバッテリーがへたってきていて、時々電池切れで再生できなかったりしていた。フル充電状態でもHDDのアクセスがあるとリモコンのバッテリーメータが(瞬間的にだけど)2目盛り減る。すぐ目盛りは復活するけど、バッテリーが弱っている感じが伝わってくる。そして、連続再生1時間でリモコンのバッテリーメータが一つ減り、連続再生2時間で2目盛り減る。かな〜り弱い「兄さん」になってしまっていて、ちょっと寂しかった。

なので、バッテリー交換しようと思ってバーテックスリンクやコウォンのサイトに行ってもそれらしい案内がない。以前は¥4,500+送料で交換してくれたはずだけど、今はどうなっているのやら。そもそも¥4,500ってのが高い。送料(往復)入れたらたぶん6千円くらいにはなるのだろう。

それだったら自分で交換できないかな、と思って、iAUDIO M3を分解しているサイトiAUDIO M3の部品情報を紹介しているページをみて、バッテリーはリチウムイオンで型番はLG523450A1であることが分かった。でも、そんな型番のバッテリーはどこ探してもない (T_T)

色々と調べてみると、この手の小型角型リチウムイオン電池の型番はこのページにあるネーミングに沿っているものが多い。厚さに関してはここにあるように、一般的には0.1mm単位であると思われる。この寸法の電池は3.7Vで、1000mAhのものがほとんどなので、電圧に関しては悩まなくても良さそうだ。そこで、厚さ5mm、幅34mm、高さ50mm(”523450″)のものを探してみると、そこそこある。一番それらしいLGも扱っており、ICP523450と言うものがある。これも3.7V、1000mAh。でも、国内での入手は難しそう。

そこでアキバに繰り出す前にちょっと調べてみたら、若松通商にそれらしいリチウムイオン電池が特売されているという情報をキャッチ!! 型番がちょっと違うっぽいけど、ここが一番揃っていそうだったから突撃してみた(一応、秋月、千石にも寄ったけど、それらしいのはなかった。。。)。

これがそのブツであり、¥630と大いに不安になるくらい安い。でも、寸法が35mm×58mmとちょっと大きい。

型番を見ても、503759と幅で3mm、高さで9mmも大きい。しかも、端子がぺらぺらなリボンみたいなものだし。かなり怪しいけど、誇らしげに「Made in JaPan」と書いてあるのがちょっと心強い。

裏をひっくり返してみると、電池の外側はレトルトパックみたいになっていて、電池本体が袋に封入されているような状態になっている(この袋はラミネートフィルムっていうらしい)。電池本体は幅34mm、高さ50mm程度なので、探している寸法にぴったり一致する。電圧は3.7Vだし、スペック上では容量は1100mAhもあるらしい。なんせアドバンスト リチュームイオンだからね。って、ほんとかな?

とりあえず、工夫してラミネートフィルムを折りたたんでみたらなんとなくコンパクトになって、1〜2mm大きい程度にまでなった。これならいけそうだ。ちなみに、電圧を測ってみたら3.84Vもあった。公称(?)は3.7Vだし、これくらいなら大丈夫かも。。。

ということで、早速兄さん(iAUDIO M3のことね)を分解しよう。ネジが固いとの報告があったけど、ちょっと力をいれるとするすると回り始める。上のネジと下のネジの長さが違うのに注意する必要がある。

裏蓋を開けるといきなりHDDが現れる。分解サイトにあった写真を見ていたから予想はついていたけど、かなりギッシリと詰め込まれている。

まずはHDDの上にある基板にあるネジを1本外して、こにょこにょとやると基板は外れる。フィルムコネクタや細い配線が3本あるので、そ〜っと外す。

次にHDDを外す。コネクタを外して、HDDの本体を下方の金属から引き抜くように外す。コネクタにあるピンは曲がりやすいので、ここも慎重にHDDから外す。

ここまで来るとハードディスクはポロリと外れ(どこにも固定されていない!!)、緑色のバッテリーが見えてくる。写真では見づらいけど、HDDとバッテリーの間には黒色のゴムが敷いてある。このゴムは複雑な形状で、かなり手の込んだ作りになっている。

HDDは東芝製でMK2004GALというものが使われている。似たようなスペックのMK3006GALという30GBモデルもあるみたい。

(2006.11.1 追記: これから実際のバッテリー交換作業に入るけど、どうやら下のコメントにあるNAKAOさんの改造方法のほうが良さそうです。極小基板を残す方法です。いずれにしても、ご利用は自己責任で。)

ゴムを外すとバッテリーが露になるんだけど、これも固定されていない! バッテリーから出ているリード線はメイン基板にハンダ付けされている。

バッテリーを外す前に上方から写真を撮っておく。一応標準バッテリーの電圧も測っておく。3.8Vだった。な〜んだ、標準バッテリーも公称より高めなのね。

バッテリーの周りにはスペースがあるからもうちょっと大きめのものでも入るのでは。。。 と思っちゃうけど、取り外したゴムがこのスペースに入るから緩衝用スペース、と考えるべきなのだろう。

とりはずしたバッテリー。
LG523450A1
PCS3K1811
151463D30
7333101005
PPCW0401
って書いてある。

さて、新バッテリーを組み込みましょう。バッテリーの極性を間違えないように。表面がふにゃふにゃだからボールペンで書いた(凹ませた?)+−がよく目立つ。

リード線は適当につけてみた。バッテリーのリボン端子を半分に折って、その間に挟んだだけだったりして。。。 これでも上下から圧迫されるから十分だったりして。。。 良い子の皆さんはちゃんとハンダ付けなりテープ止めなりしましょうね。

組み立ては分解の逆の手順で。最大の難関は複雑な形のゴムを戻すところかな。引っ張ったり押したりしてどうにか押し込む。あとはフィルムコネクタ、3本のリード線に気をつけて、慎重に組み立てる。ネジも長さが違うから間違えないように。

ちなみに、外したバッテリーの外装をとってみたら、端子部分に極小基板があった。結局中を見てみてもメーカは分からずじまい。

さて、組み上がったらとりあえずクレードルに挿してみて、正常に動くか確認してみよう。ちゃんと音楽は再生されるし、充電も行えているみたい。しばらく充電してみて、バッテリーのみで再生しても正常に動作する。バッテリー目盛りは “2” だけど、HDDの読み込み時に減ることはない。よしよし。今回の改造は大成功といえるんじゃないかな。¥6,000のところが¥630で済んでしまったことになる。う〜ん、お得。

そして一晩充電したらちゃんと「Charge Complete」となっていたので、3時間ほど連続再生してみた。今度は目盛りが1つも減らなかった(HDDアクセス時も!)。これだ! これぞ兄さんだ! 強い兄さんが帰ってきた!! 電池容量はちょっとだけ増えているはずだから、フル充電からバッテリー切れまで連続再生してみて、何時間もつか試してみよう。

このバッテリー、若松通商に山積みになっていたから、そろそろバッテリーがへたってきている兄さんオーナーは買っておくべきじゃないかな。

「iAUDIO M3のバッテリー交換」への82件のフィードバック

  1. トモカ電気はなんと¥400でした。かなり安いですね。
    なぜか、また買ってしまいました。(トホホ)

    tsuさん、交換時に変化したのはバッテリだけではないかもしれません。分解するときにイヤホンジャックの付いた基板(このページの6枚目の写真)をこにょこにょするのですが、このときイヤホンジャックのハンダにクラックが入る可能性があります。
    今度分解するときに虫眼鏡で見てみてください。

  2. ¥400は安いですね。私はまだありますし、先日純正バッテリーと交換したのでまだいいのですが・・・ 若松でもどんどん補充されますね。M3やX5ユーザが買っていくのでしょうか。

  3. 本日電池の換装を行いました(若松の電池です)。HDDの上の基盤を外す時に、ついていたハーネスが外れ焦ってしまいました。しかしよく見るとハンダのつき方がやばそうだったので、とりあえず3本ともハンダを付け直ししました。電池と極小基盤の接続には太いハーネスがよいと思い、0.35sqを使いました。充電が完了し、動作試験を実施中です。基盤についている電源ラインと思われる3本のハーネスも0.35sqに変えると良くなるのかなと思い始めています(ちなみにリモコンの中のハーネスもかなりエグイです)。またケースを開けるときが来たら、挑戦してみようかと思います。このサイトで電池交換の情報を得たことで、M3を使い続けることができそうです。ありがとうございました。他にいい機種ないですよね..

  4. 先日、オークションでジャンク品を3,000円位で入手しました。
    本体もリモコンも全く動かないということで、ジャックのハンダを直して動けばいいなぁ、ダメならHDDやバッテリ周辺を流用するかと思い楽しみに商品を待ちました。

    届いたのは、ジャンクどころか見た目はピカピカの新品でした。
    でも確かにウンともスンとも動きません。
    あれ!HoldスイッチがONになってる…まさか…
    動いてしまいました…orz
    リモコンもHoldが…orz
    何にも直すことがなくて、複雑な気分です。

    出品者は大手電気店なのに、店員さんが不案内だとこんな掘り出し物があるのですね。
    仕方がないので、スピーカとデジアンでも作って子供のミニコンポにしようと思います。
    すみません、役に立たない話題で。

  5. 1ヶ月前くらいから、サイトを拝見し、自力でバッテリー交換してみました。
    そのほかに変えた部分は
    1:純正バッテリーの保護回路を基盤の根本からニッパでカット(ハンダで溶かすのがめんどくさかったからです^^;)
    2:バッテリーから保護回路へのリード線
    3:保護回路から基盤へのリード線

    リード線の変更は計4本です。

    最初の2週間は問題なく、毎日3時間くらい使用してもまだ電池容量が残ってたくらい調子良かったのですが、
    ここ最近は、電池容量2個で再生すると、ほとんどの確立でLow Batteryと表示されてしまうようになりました。
    また、その時にバッテリーを変えて見ましたが、やはりダメでした。

    とりあえず、保護回路の有無での症状ではないようだと思われます。

    リモコン基盤の線の左側2本はマイク用のコードだと思われますので、
    右側の純正のリード線を近々交換して、その他接触不良等見てみようと思います。

    早く解決するといいなぁ・・・コレorz

  6. (本当は、毎日3時間使用して、3日間充電しなくても全然電池が元気でした、と聞きたかったorz)

    書き忘れましたが、
    交換したリード線ですが、ボールペンの芯くらいの太い線を使用しました
    (うっかりミスで線が千切れるのが怖かったのと、たまたまその線が近くにあったので・・・)

    予想としては、リード線の太さが違うため伝導率が変わってしまったことに影響あるのではないかと思っています。

    回路について、さほど詳しくもない初心者の意見ですので、ご指摘等ありましたらお願いします。

  7. ご報告、ありがとうございます。
    リード線の違いによる影響は考えられますね。私も「太ければなお良し」と考えがちですが、元々のリード線はほっそ〜〜いんですよね。
    私も時々再生時間が短くてビックリすることがありますが、大抵は消し忘れが多いです。
    (^_^;)

  8. 1ヶ月ほど前に、姉さんのバッテリーを交換しました。

    このページとhttp://bbs.avi.jp/photo/34036/29749069の図を参考に換装したのですが、HDDの読み込み時に電気容量表示が2減ってしまい、HDD未読時で同表示が2〜1の変わり目になるころにはLow Batteryとなり電源が切れてしまいます。

    55のホタルさんと似た症状で、確かに私もリード線がごく僅かですが太いものを使いました。
    また、元のバッテリーの引き回し金具をそのまま利用したため、絶縁不良が生じているためかとも考え、保護回路を含め、新バッテリーの周辺にビニールテープを張ったのですが、効果はありませんでした。

    私はサブパックからLine Outでヘッドフォンアンプに接続し、非常に良い音質で聴いておりましたが、換装によってさらに活性化した音が出て満足できるだけに、駆動時間が伸びないことが非常に残念です。

    最後になりましたが、サイトを起ち上げられたたあた様にお礼申し上げます。

  9. 気になる報告が続いてますね。電池換装に成功しつつも再生時間がさほど延びない。。。
    一つ考えられるのは、保護回路の代表的機能である、
    (1) 過充電禁止機能
    (2) 過放電禁止機能
    (3) 過電流保護機能
    のうちの(2)が働いちゃってるかもしれませんね。LAB503759C2はオリジナルバッテリとは似ていてもやはり違うものなので、オリジナルの保護回路と相性があるのかもしれません。
    でも、保護回路の有無とは関係ないホタルさんの症状にはあてはまらないんですよね。この辺は全くの素人なのでさ〜っぱり分かりません。

  10. たあた様のご指摘の過放電防止機能が怪しいと思いました。ただ、バッテリーの違いでないのではないかと。
    HDDの読み込み=駆動時だけ電池容量表示が減るので、このときの電気的な負荷が過放電防止機能を誤動作させているのは確かなようです。
    特に私の場合、換装後、HDDがうまく納まらないのを裏蓋のネジ止めで無理矢理納めてしまっているため、HDDへの力学的負荷が電気的負荷増やしているように思えてなりません。
    とすると、もっと恐ろしいことで。
    取り敢えず、スペーサーを外すなどやってみようと考えています。
    ホタルさんは無理してHDDを納めていませんか?

  11. 休日、休みがなく作業ができない状態ですorz
    やはり他の方の意見ありますと、物凄くありがたいですね^^

    >過放電禁止機能
    太いリード線に変えたのでもしかするとビンゴかもしれないですね。
    近々電気屋さんで細めのリード線を買ってきて、すべて取り替えてみようと思います。

    >HDDへの力学的負荷
    これについて私も気になる点があります。
    若干ですが、圧迫してHDD収めてたのですが電源が入らなかったり、電源入ってもすぐLow Batteryになってしまったり、ありました。
    多少なりとも、影響すると思いますね。

    今日、バスの中で分解したら、充電用のリード線が焼け切れかけてました・・・汗
    なんでだろ;;

  12. 先ほど、リード線の変更と半田付けのし直しの作業をしました。
    充電側のリード線も変えてあります。
    とりあえず、少し様子を見てまた書き込みします^^

    リードを細くした成果、ネジ止めの作業もスムーズで、すっぽり収まりました(ただしゴム板?は外してます)
    保護回路はビニールテープに巻きつけて、HDDの左側に平らに置くとあまり邪魔になりませんでした。

    ttp://sylphys.ddo.jp/upld2nd/pc2/src/1179242888969.jpg
    ご参考までに(半田付けヘタですが)
    配線の色をミスりました・・・汗

  13. ぐぁ・・・連続書き込み申し訳ない

    秋葉原の秋月電子通商に保護回路付リチウム電池(800mA)が1.500円ほどで売ってました。(通販では商品リストにありません;;)
    電圧はちょっと見忘れてしまいましたが・・・

    保護回路目的で1.500円はきっついかもしれませんが、一応ご参考までに^^;

  14. リード線が太くなると抵抗値が下がって、電流が流れやすくなるかもしれませんね。そうすると、過電流保護機能が働いていることも考えられます。ただ、これは電池が元気なときにこそ起きそうな現象なので、外している可能性大ですが。
    いずれにしろ、ホタルさんの検証で明らかになりそうです。期待しています。
    o(^o^)o

    保護回路は純正バッテリをヤフオクでゲットしてバッテリ毎換装したので、解決しました。純正保護回路を捨てちゃった人は、保護回路だけ移植する方法もありますが、保護回路はバッテリの特性に見合ったものが必要っぽいので、他のバッテリから流用するのは難しい気がします。

  15. 検証結果です・・・
    とりあえず、フル充電から7時間弱使用したところで、問題のバッテリーメモリ2の所まできました。

    つけては消して、つけては消して、少し酷使させて使っていると
    2・・・1・・・0・・・点滅・・・Low Battery・・・orz

    上の方で、普通の半田じゃ付かないと話しがあったのを思い出し、接触がうまくいってないのかなと疑いました。

    予備のリード線の被覆を全部剥いで、バッテリのリボン状の端子が見えなくなるくらいギッシリと一緒に巻きつけて圧着し、表と裏に半田付けをしました。(アルミ用の半田を使えよ、って話なんですが^^;)
    +端子のリボンはヘロヘロなので切れないように注意したほうがいいと思います。

    作業後少しですの間ですが、つけたり消したり、曲流したりしましたが、
    メモリが2から減る事はなくなっていました。
    原因がコレかなぁー・・・と思いつつ今日も酷使して使ってみたいと思います。

    もし、似たように作業してみようという方、伝導率のいい線使って見てはどうでしょうか・・・
    あと、リボン端子の作業は片方をビニールテープで巻いて、絶縁状態にしてから作業したほうがいいと思います。
    ケースを溶かしたくない人もあらかじめ作業スペースにビニールテープを張って置くと随分と楽だと思います。

    文章まとめるのヘタですいませんorz
    また何かありましたらご連絡します。

    結局、リード線の太い、細いはどうだったのか・・・
    よくわかりませんでした;;

  16. 自分のM3は、交換から1ヶ月過ぎましたが、特に再生時間は変わらず、10時間以上をキープしています。極小基盤と電池は、比較的太いハーネスで接続しましたが、今のとこ影響は出てないみたいですね。極小基盤と本基盤?のハーネスは交換してません。また電池のリボンは、アルミハンダを使って自分としては丁寧に接着させました。もともと極小基盤と電池はアルミのリボンで繋がっていたので、この部分の抵抗は、大きくしない方がいいのかなあと思いますが、いかがでしょうか?

  17. やっと時間ができたので、HDD読み込み時だけ電池容量表示が減るようになってしまったこと(場合によってLowBattery)の検証してみました。

    まずは、裏蓋を外しHDDとバッテリーを取り出しフリーの状態で電源ONにしてみました。普通にHDD読み込みで表示が1・2減り、力学的な負荷は無関係でした(ある意味安心)。

    次に、新バッテリー周縁をビニールテープ絶縁してみましたが、これも変化なしでした。

    となると、ホタルさんの65でのご報告(端子の接触不良)が最有望のようです。
    ところが私の場合、-端子のリボンが元から切断寸前なので、怖くていじれません。新しいバッテリーがへたるまで我慢するしかないようです。

    再生時間については、全曲FLAC(レベル5)でLineOut取り出しとバッテリーにとっては過酷で、オリジナルバッテリーは使用8ヶ月もともとそれ程へたってなかったため、再生時間の伸びが感じられなかったのかも知れません。

  18. 検証+報告、ありがとうございます。バッテリ本体(リボン端子)との接合が問題っぽい、ということですね。確かにありえますね。
    あと、作業スペースにビニールテープ ・・・ なるほど。私は何ヶ所かケースを溶かしてしまいました。幸い組み立てると目立たないところだから良かったですが ^_^;;

  19. しばらく見ない間に、たくさんの検証があったようですね。
    電池端子はアルミなので、換装したときに接触していてもすぐに表面に酸化アルミ(透明)の膜ができて接触抵抗が大きくなってしまいます。
    元々フニャフニャのアルミ端子ですからペンチで潰しただけでは、圧着力が足りなかったのでしょうね。
    市販の圧着端子とかを小さく切って、それに絡めてペンチで潰してはどうでしょうか。(ハトメを打って、それに半田付けもいいかも)

    すみません、以上は思いつきで未確認です。
    アルミにハンダは一発で成功しないと高温で表面に酸化アルミができていますので、その後いくらやっても無駄です。サンドペーパで新しい表面を出して手早く。

    保護回路の換装の話がありましたが、たあたさんご指摘のように電池固有の化学特性に合わせて緻密に設計されていますので、絶対にしない方がいいです。
    M3のバッテリはリチウムポリマーなので、まだ安全(最悪銀色パックが破裂する程度)ですが、デジカメやノートPCに使われているようなリチウムイオン電池だと恐ろしいことになる可能性があります。
    デジカメなんて、ファインダ覗いている時に火を噴いたら….
    ノートPCだって、飛行機に持ち込んで火を噴いたら…
    普通の社会生活を送れなくなるかもしれません。

    M3では極小基板を外して改造しても事故の問題は発生していませんが、他の機器でも同じだと思ってやらない方がいいと思います。
    電池はエネルギーの塊ですから。(ある意味爆弾)

  20. +端子(67は誤り)リボンが切断寸前でしたが、勝負に出てみました。

    65のホタルさんの報告を参考に、電池の+端子リボンで巻いていた保護回路からのリボン端子を途中で切り、リード線を半田付け。そして、リード線のもう一方を電池アルミリボンに巻き付け半田付けしました。また、電池マイナス端子側は既にリード線を巻き付けてあったので、その上から半田付けを行いました。

    以上により、HDD読み込み時の電池容量表示の減りは、かなり聞き込んで残り2つになるころに初めて認められるようになり、オリジナルのころに戻りました。
    さら、うれしいことに67の過酷な使用で4時間以上保っています。オリジナルにはなかった長時間再生です(Line Outから取り出しは換装の少し前に始めたので、やはり電池のヘタリで再生時間が縮んでいたようです)。

    以上のことから、69のモノづくりさんのご推察のとおりと考えております。
    また、私はオーディオ用の無鉛銀ハンダを用いましたが、アルミリボンに一発で付けられました。むしろ、ミニプラグの半田付けより楽でした。これもモノづくりさんのご説明のとおり一発で決めるのが重要かも知れません。

    たあたさん、モノづくりさんが仰っている保護回路の換装の危険性についてですが、若松通商の電池もオリジナルと違いますが、問題ないのでしょうか?

  21. やっぱり、バッテリのリボン端子との接合ですか。そうすると、この記事はあまり良くない例かもしれませんね (^_^;;;

    モノづくりさんの仰ってることは皆、肝に銘じておく必要がありますね。自己責任どころではなく、簡単に他人に多大な迷惑をかけることになり得ますので、慎重に。。。

    ちょっと保護回路用ICを調べてみたのですが、色々種類があるようですし、そもそも極小基板自体が兄さんバッテリ専用っぽいので、かなり「特殊」あるいは「カスタマイズ」されたものなのでしょう。

    もちろん、若松バッテリと純正保護回路も厳密な意味では「不適合」ですが、それほど純正バッテリと若松バッテリは違わないだろう、との憶測が働いてます。今のところ問題が発生していない(報告がないだけかも)から、おそらく大丈夫だろう、と。でも、過信は大敵ですね。要注意、です。

  22. 新しいバッテリーに、メイン基盤か出ている赤と黒の線を
    つないでみたのですが、つなぐと線から煙が出てきて
    とけます・・・
    +と−を間違えてつけているのでしょうか??

  23. 僕が初心者なので 若松の電池でやるとショートしちゃうから
    携帯電話のバッテリーをハンダ付けしてみたら充電できたので
    しばらくこれで使い続けようと思います・・・
    若松電池のリボン端子切れました・・・orz

  24. 僕が初心者なので 若松の電池でやるとショートしちゃうから
    携帯電話のバッテリーをハンダ付けしてみたら充電できたので
    しばらくこれで使い続けようと思います・・・
    若松電池のリボン端子切れました・・・orz

  25. 70.で報告した以降、日にちが経つにつれ、HDD読み込み時の電池容量表示の減り(2つ)が再発しました。

    このようなときは、電池のアルミリボンとリード線の半田付けの部分が酸化又は剥がれで抵抗が高くなったときのようです。私の場合、特にリボンがヨレヨレで、ヤスリ掛けしても十分に酸化膜が取れなく、ハンダも完全には付かないようでした。
    このような状況が繰り返し、何度か半田付けをやり直しましたが、完全にはなりませんでした。

    そこで、新しい電池(トモカのラジオデパート店で400円)に変えてみました。
    −端子はすぐに付くのですが、+端子はハンダ(アルミハンダではない)がうまくのりません(劣化しやすいのも+端子で材質が違うような?)。それでも、粘って完着しました。
    音は今までになく良く、十分に納得行くモノになりました。しかし、なぜか充電がうまく行かない時がありました。
    もしやと思い以前から気になっていた「保護回路−本体基盤」のリード線を純正から「保護回路−電池」と同やや太い購入品に変えてみました。

    結果は…。
    充電操作により再起動させようとしても無反応=御臨終です。
    テスターで調べたところ、保護回路−側の半導体?以降本体基盤側に通電がありません。
    どうも保護回路のハンダ付けで半導体?を傷めてしまったようです。

    ジャンクで保護回路を手に入れるか、COWONで電池交換するか、今悩んでいます。

    教訓:保護回路の半田付けには要注意=オリジナルリード線は生かせ!

  26. おお、なんと言うありがたい教訓。黒苺さん、貴重な人柱報告、ありがとうございます。

    純正電池に換装した我が兄さん、順調に稼働しています。ただ、再生時間は減ってきているし、電池残量表示がすぐに2本に減少してしまうのが気になるところです。来年あたりには再度換装しなくてはならないペースです。

    その時は皆さんの教訓を生かすようにしなくては。

  27. 75の続きです。

    COWONに「自前で電池交換を行い、保護回路を壊してしまった」と正直に問い合わせたところ、電池交換はもちろん、もし、他に不良箇所があれば見積りし、メールの連絡を行うとのことでした。
    ただ、気になる送料のことは質問したにもかかわらず、書かれていませんでした。もっとも、HPに修理時の送料について書かれていますが。
    てなわけで、姉さんをゆうパック局出しでCOWONに送りました。
    何の返事もないまま、5日間、宅配便が突然届きました。

    幸い、電池交換だけで姉さんは蘇り、中を見るとオリジナル電池がキチッと納まっていました。また、電池・HDD間の緩衝ゴムは古いままでしたが(何ヶ所も切り込みがあるので分かる)、HDDとCPU?にリード線とともに貼付けられていたT字テープと黒いテープが新品に変わっています。

    気になる料金ですが、HPにも書かれている電池交換料金の4250円には送料・代引き料・消費税が全て含まれておりました。つまり、送り出し送料を含めて4850円となります。
    この価格、オークションでジャンクを落としたところで、送料を含めるととても納まりものではありません。

    魅力的な兄さん・姉さんを送り出してくれたCOWONが、日本から撤退することのないように、「正規の電池交換もタマには利用しましょう。」

  28. 意外(?)と親切なんですね、COWONサポート。それと、姉さんが復活して何よりです。しかも、修理の内容がとても良心的で丁寧な印象を受けました。

    電池交換は簡単そうに見えて、実は結構難しいもの、というのがこれまでの皆さんのレポートをまとめてみた感想です。遊び半分、夏休みの工作(?)として取り組むのはいいでしょうけど。

    確かに、完全に壊してしまう可能性もあるものなので、素直にサポートを受けるのがユーザのため、COWONのため、かも知れません。このような記事を書いておいてなんですが。

  29. 電池換装やってみようかなぁと思うんですが、アルミハンダって入手困難なんですかね?
    上のURL見てもSoldOutだし、同じ奴はあまり売ってないかも??

  30. はじめまして。皆様のおかげで成功いたしました。
    ありがとうございます。

    私の場合はアルミ箔テープをバッテリー接着につかいました
    http://www.takachi-el.co.jp/data/pdf/11-03.pdf

    また、起動するとリモコンにHDDエラーの表示が出ていたのですが、バッテリー周りのゴムを大きく切ったところ正常に起動しました。
    もしかしたら、バッテリーに圧力をなるべくかけないことが重要なのかもしれません。

  31. 初めまして。実は兄さんの体調が良くなく
    まだ2年目にしてバッテリーが20分も持たなくなってしまいました
    (バッテリーは今日にまでに100回も充電していないと思います)
    最初はバッテリーがヘタってきたかと思ったのですが
    どうもクレードルにさしても30分くらいで充電完了のブルーのLEDが点灯してしまい
    兄さんが満腹になる前に充電が終わってしまっているようなのです

    これはやはりバッテリーのへたりなのでしょうか
    それとも兄さんが何か重い病を患ってしまったのでしょうか

  32. はじめまして、私もバッテリーを交換して半年くらい使っていますが、今のところ問題なく使用できています。皆さんと違うところは、バッテリーをニンテンドーDSライト用のをバラして基盤もその基盤を使用しています。

  33. toyotoyoさんご投稿ありがとうございます。
    記事を参考に私もDS lite用のバッテリでチャレンジしました。
    ばらしたら、厚み5mmでゴム切りの必要がなかったことと、
    保護基板付きなので、作業が非常に楽でしたし、
    価格も安いのですごくいいですね。

    私はM3Lも持っているので、これも交換したいのですが、
    M3LではM3バッテリに加えて4mm厚34×50mmのバッテリ2個、
    計3個のバッテリが並列になっているので取替えはすんなり
    行きそうにないです。5mm厚だけでも新品にするかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です