JHT-221、偽タイムドメインlight改、タイムドメインmini-f改の聞き比べ

さて、今回もリファレンスディスクは谷村有美のdocile(滝汗)。の他にもGarnet Crowの「I’m waiting 4 you」、シューベルト、Spandau Balletと幅広く聴いてみたり。と言っても、これらを聴きながら気ままに3つのスピーカを切り替えながら流して聴いて、気になるところだけ比較して聴いてみた。

まずはJHT-221。「お、2つも買ったのか、物好きめ!!」と言ったツッコミはさておき、あらためてこのスピーカで聴くとその安っぽさが伝わってくる。新聞紙でスピーカのコーンを作って鳴らしたこんな音になるかな〜、って想像したときの音。高音は出ているけど薄っぺらくって、その上、障子の向こうで音が鳴っているような感じがする。低音はさらに薄っぺらくって、ペコポコして思わず笑ってしまうくらい。

それでも不思議と女性ボーカルの音域ではのびのびとした音が出ていて、安っぽさが逆にスピード感に変身している。女性ボーカルだけに注目すれば、なかなかいい線いっている。ピアノでも普通に聴いている分にはそれほど違和感は無い。高音が続くとさすがに安っぽさがでてしまうけど。

ジャンルを限定すればなかなかいけてるし、¥880なら納得する音だけど、さすがに長くは聴いていられないな。

次は偽タイムドメインlight改。ネーミングはさておき、JHT-221から切り替えると音の厚みが一気に増えるのが分かる。中域の圧倒的な情報量はお兄さんのWhisperを受け継いでいるのが良く分かる。

ここでも面白いのは情報量が増えることによって若干ボーカルが引きこもること。周りの音が主張を始めるためなのか、そもそもAurasoundはこの傾向があるのか。それでもボーカルの息づかい、ニュアンスまでも伝わってきそうな情報量は素晴らしい。改造した甲斐があったというもの。

ただ、やはりというか、低音はまったく出ていない。JHT-221の笑いを誘うペコポコよりはいいものの、やはり「低音」とは呼べない。

しかも、ちょっと気になるのは、Whisperのときに感じた高音の抜けのよさがいまひとつ感じられないこと。高音の伸びは期待していたとおりだったけど、Whisperと比較するとほんの少しだけ高音の伸びが足りないような気がする。中域のちょっと高いあたりに重きを置いた音、そんな感じがする。

ただ、気軽に音楽を聞く分にはもしかしたらWhisperよりもいいかもしれない。

最後にタイムドメインmini(富士通版−改)。TDmf改とでもするかな。

こちらはやはり高音から低音まで高密度な音を出す。これまでの2つを聴いていると、TDmf改は低音が凄い、と感じてしまう。すべての音域について偽タイムドメインlight改を上回っている。やはりTDmf改は素晴らしい。3つのうちどれがいい、って聞かれたら文句なしにTDmf改だな。

と、書いたところで偽タイムドメインlight改が成功だったかどうか???になってきた。JHT-221よりかは格段によくなったので、その点では○。でも、TDmf改には完敗したことには×。少しはTDmf改よりはいいところもあるかと思ったけど。。。

Cougarがいまいちだったのか、そもそもこのサイズのスピーカーに多くを望んではいけなかったのか・・・ ちょっと複雑。

「JHT-221、偽タイムドメインlight改、タイムドメインmini-f改の聞き比べ」への2件のフィードバック

  1. やっぱJHT-221って、TIEMDOMEIN lightのパクリだと思ってるんですけど、同志がいてよかった〜

  2. 最初、あまりに見事なパクリなので笑っちゃいました。でも、そのパクリ度が圧倒的にチープで、中国4千年の歴史を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です