FC5のPHP

Fedora Core 5のインストール直後のPHPはmbstringもDB関連もGDも有効化されていない。どのパッケージが導入されているか/いないかは、# /usr/bin/yum list | grep php | sortで調べることができる。右端に installed とでていれば導入済みで、core, extras となっているのは未導入でどのレポジトリにあるかを示している。

とりあえず安全(?)のため# yum install php-adodb.noarch
# yum install php-gd.i386
# yum install php-imap.i386
# yum install php-mbstring.i386
# yum install php-mysql.i386
# yum install php-pgsql.i386

を導入しておいた。

当然ながら、apacheを再起動しないと導入しても有効にはならない。逆に、yumでインストールすればこれらの機能が有効化されることのほうが驚きで、よくここまで来たなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です