rootに大量のspam その2

その後もコンスタントにrootにspamが届いてきて、すべてがspamフォルダに入るようになったからいいけど、ほとんどのspamはユーザ不在のいい加減なアドレス宛だったりする。

だったらuser unknownで返すのがいいんじゃないか?

ということで、sendmailの設定をいろいろと調べていたら、virtusertableで対処できることが分かった。virtusertableにユーザ不在の場合はunknownで返すように設定するには、@domain.com error:5.5.1:Unknown userと記述するだけ。ちなみに、domain.comとerrorの間はtabであり、spaceではない。複数ドメインを管理している場合はドメイン毎に1行設定を追加する。

virtusertableを上書き保存したら、# makemap hash virtusertable.db < virtusertablevirtusertable.dbを再作成する。この変更はdbを作るとすぐ反映されるらしく、sendmailの再起動は必要ない。

これでほとんどのspamは弾き返されるようになった。スッキリ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です