rsyncの設定

忘れないうちにメモっておこう。。。 ほとんどここに書いてあるままだけど。他にはここが参考になるかも。

●サーバ側設定
/etc/xinetd.d/rsyncd ファイルを以下のように作る。# default: on
# description: The telnet server serves rsync sessions; it uses \
# unencrypted username/password pairs for authentication.
service rsync
{
disable = no
protocol = tcp
wait = no
user = root
server = /usr/bin/rsync
server_args = --daemon --config=/etc/rsyncd.conf
socket_type = stream
log_on_failure += USERID
}

次に /etc/rsyncd.conf ファイルを以下のように作る。[source]
comment = source directory to take backup
path = /var/www
use chroot = yes
list = yes
uid = root
read only = no
secrets file = /etc/rsyncd.secrets

次に /etc/rsyncd.secrets ファイルを作って、以下の構文でパスワードを記述する。user:password
そして xinetd を再起動。

●クライアント側の設定
サーバと同じ /etc/rsyncd.secrets ファイルを作成する。

あとはコマンドラインから、# rsync -avz --password-file=/etc/rsyncd.secrets rsync://hostname/source /var/wwwでうまくいくはず。

実際に cron などに組み込む場合は、># rsync -avz --password-file=/etc/rsyncd.secrets --delete rsync://hostname/source /var/wwwと –delete を追加して、送信側のファイルが削除されたら受信側も削除するようにすればより完全な同期が取れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です