P4M800PRO-MとE4300で遊ぶ(1)

実は会社で猛烈な計算が必要になっていて、半分趣味、半分仕事でCore 2 Duoマシンを作ることにした。でも、100%仕事でないし、なかなか会社もこのような余興にお金を出してくれないので、自費で行うことにした。ということで、ケチケチマシンになってしまった。。。

マザーボードはDDRメモリを使いまわせてビデオオンボード+Micro ATXということでP4M800PRO-M (2.0)に決定。ソフマップで¥6,980。P4M890T-Mと言う選択肢もあったけど、ちょっとだけオーバークロック設定が前者に比べて少なそうだったから止めた。後者のほうが新しいんだけどね。

それと組み合わせるのは今を時めくCore 2 Duo E4300(1.8GHz, FSB:800MHz, L2:2MB, x9)。ドスパラで¥22,480。E6300(1.86GHz, FSB:1066MHz, L2:2MB, x7, ¥23,300)と比較するとFSBが低い換わりに倍率が高い。E6300と同じFSB:1066MHzで駆動したら2.4GHzになって、E6600と同じになってしまう。こんなレポートが各所であがってて、そうなったらいいなぁ・・・ と。

で、LGA775初体験だったりしたけど、なんなくスルスルと組み上げて、早速ぽちっ、とな。

(小さく)ピッ

(3秒くらいたって)

(小さく)ピッ

・・・(続く)

なぜだぁ〜〜・・・ (−_−|||)

手持ちのメモリ(DDR266-128MB-Micron、DDR266-128、DDR333-512MB、DDR400-512MB)はすべて試したけどだめ。CPUがさすがに新しすぎたのかと思ってDell Dimension 5150からCPU(Pentium D 3.2GHz)を拝借してきたけどだめ。

ピッ、っとなるのは聞きなれているのだけど、今回の(小さく)ピッ、は初めて聞く。とりあえず1回のピッ、はメモリだと思われるのだけど、Dell Dimension 4600Cの純正メモリ(DDR333-256MB-Micron)でもだめだったから何がなんだか分からない。ちゃんと金メッキ端子部分をフキフキしたけど全然ダメ。

電源もDimension 4600Cから拝借してみたけど、これもだめ。

メモリ未装着だと(小さく)ピッ、と鳴る。CPU未装着だと何も鳴らない。やはりメモリが怪しい。と言うよりもこうなってくるとマザーボード自体が怪しい。不良品か???

とりあえず明日ソフマップに初期不良で持ち込んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です