P4M800PRO-MとE4300で遊ぶ(2)

昨日散々苦労したP4M800PRO-Mを手に、初期不良であることに自信満々でソフマップに持ち込んでみると・・・ あっさり動いてやんの (−_−;)
なぜだろう。。。
Pentium 4 3.2GHz、普通のDDR400-256MBメモリだそうな。。。

ま、とりあえずちゃんと動くマザボであることは分かった。メモリとの相性がきついんだろうな、きっと。

E4300で起動しないのは分かるけど、さすがにPentium D 3.2GHzで起動しないわけはないからCPUはとりあえずこれでいこう。電源も怪しいと言えば怪しいから、念のため赤い彗静 400W ¥3,643をクレバリーでゲット。この電源もかな〜り怪しいけど、赤くてカッコイイ。

さて、とりあえずE4300と赤い彗静を試してみるけど昨日と同じ。どのメモリもだめ。

つぎにPen Dと赤い彗静を試してみるけど、これもだめ。と、ここでDell Dimension 5150に刺さっているDDR2-533メモリを試していないことに気がついた!! DDR2はそもそも考えていなかった・・・

ワクワク、ドキドキ、期待を胸にDDR2を挿してみたら。。。

(聞きなれている)ピッ、ピッ

おおお〜〜〜、BIOS画面を初めて拝むことができました〜〜〜
試しにE4300にCPUを交換してみるとこちらはNG。そっか・・・ 昨日からとっかえひっかえ、いろいろとやってきたけど、Pen D+DDR2という、Dimension 5150に刺さっていたものをそのままもってきたら良かったのか・・・ というよりも、その組み合わせでないと動かなかったのか・・・

ECSのWebサイトを見たらちゃんとE4300はサポートされていたのだけど、BIOSが06/12/14から、となっている。オンボードのはたぶん古いんだろう。早速BIOSをアップデートしてみて、E4300に乗せ替えたら今度はちゃんと起動した。試しに手持ちのメモリを再度挿しなおしてみたら・・・ 4種類中、2種類はちゃんと動作することが判明。BIOSアップで対応するようになったんだね。とりあえずこれで使おうと思ってたメモリが動作することが分かって、E4300もちゃんと認識され、一件落着。

ふぅ〜〜〜、久しぶりに苦労した。。。

さて、一通り環境のセットアップが済んだらOCでもしてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です