Apache2のServerName

UbuntuでDebianの勘を思い出しつつ。。。 今日のお題はApache2のServerNameの設定。

これがきちんと設定されていないと、再起動のたびにapache2: Could not determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerNameと怒られる。まあ大勢に影響はないものの、ちゃんとしたサーバ名があるのに127.0.0.1はあんまりだし、メッセージが出てくるのがうっとうしい。

ServerNameはServerAdminとかと一緒に設定されるものだから、てっきり000-defaultで設定するものと思っていたら、どうもapache2.confに登録しないといけないものらしい。apache2.confの一番先頭にServerName hoge.hogedomain.com:80と記述したらメッセージが消えた。

ちなみに、Ubuntuではapache2の再起動は# /etc/init.d/apache2 restartとなる。停止はrestartの代わりにstop、起動はstart。Fedoraにあったrc.dは必要ないのがポイント。そもそもapacheではなく、apache2である。ここら辺はDebianの作法だね。

それにしても、なんでapacheだけ 2 をつけるんだろう???

「Apache2のServerName」への1件のフィードバック

  1. apacheに2がついてるのはバージョンが2.x.xだからですよ^^;
    元々の1.x.xと構造が全然違うために分けてますね。
    ちなみに、1.x.xと2.x.xの共存も可能です。
    (サービスポートは変える必要がありますが・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です