X-Spam: Not Detected

最近妙にX-Spam: Not DetectedなるヘッダーがついたメールがSpamassassinを通過してくる。どうも、SAを素通りしているようで、他にSAヘッダーが見当たらない。

へんだなぁ、と思ってぐぐってみると、スパムメール自体に上記ヘッダーが最初からついてて、.procmailrcの:0fwi
* !^X-Spam.*
|/usr/bin/spamc
の条件文(赤字)の条件が満たされずにSAを通らないことが判明。スパマーのやろーども、賢いな。

この条件は、「一度他のプロセスでSAがスパム判定されているものにはX-Spamヘッダーがついてるはずだから、二度目はしない」、というもの。それを逆手にとられてしまったので、今度は無条件にSAを通すことにした。そしてダメ押しで、このような小賢しいヘッダーをつけてくるメールは無条件にSpamフォルダにフィルタすることにした。まあ、この手の小賢しいヘッダーは数種類あるらしいから、これ以上、このヘッダーにこだわることはやめよう。

ちなみに、改変後の.procmailrc(の該当部分)は、:0fwi
|/usr/bin/spamc

:0:
* ^X-Spam-Status: Yes
$MAILDIR/.Spam/

:0:
* ^X-Spam: Not Detected
$MAILDIR/.Spam/

:0:
* ^X-Spam-Level: 0
$MAILDIR/.Spam/
こんな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です