TA690G AM2不調

普通にwebをつらつら見るのにメインマシンを立ち上げるのも面倒なので、ライトユース+いざというときのサーバ代替機として、もう1台PCを作ることにした。

ちょうどBIOSTARのTA690G AM2が余ってたので、Athlon X2 4050eを買ってきて、Ubuntuでもインストールしようかと思ったところ。。。

まず、メモリを認識しない。メモリは以前まで使っていたPulsar DDR2-800 1GB×4で、1枚挿しでも認識しない。メモリの接点部分を拭いて、何度か抜き差ししたらようやく認識した。

でも、起動がやたら遅い。BIOS画面が出てくるのに20秒くらいかかる。これはCPU+メモリーだけの環境では発生しないので、原因はHDDのIDE-SATA変換機との相性であることが分かった。別の変換機に交換したらすぐにBIOS画面が出てくるようになった。

で、とりあえず1GBの状態でUbuntuをインストールしようと思ったら、インストール途中でGUIに切り替わる時点で画面が崩れる。ああ、そういえばこのマザー、時々こういうことあるよね、と思ってとりあえずインストールは一時中断。

メモリを4GBにして、と思ったら今度は4GBでは起動してこない。3GBまでならどのスロットにメモリーを挿そうと関係なく認識して、正常に起動する。いろいろとメモリーとスロットの組み合わせを試したけど、一向に4GBではエラーストップ。

もうここで終了。ここまでで半日このマザーとは格闘してきたけど、タイムイズマネー。来週、新しいマザーを買ってくることにしよう。そして、もう二度とBIOSTAR製マザーは買わないことにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です