hdaがsdbになった

先日HDDをSSDに換装して大いに快適になったテスト機。だけど、気がついたらVMが立ち上がらなくなっていた。原因はVMを入れていたドライブがマウントされていなかった。では、なぜマウントされなかったのか? その原因は、HDDを取り外したときに今までhdaと認識されていたドライブがsdbと認識されるようになったためだと分かった。ドライブはIDEのSSDなのでhd*として認識されていいのに。。。

なぜsd*と認識されているのか? を探索するより、こういうことがあるからUUIDが導入されたわけだからUUIDを使ってみよう、と思いたったのであった。

ドライブのUUIDをを調べるためには、コンソールにてsudo vol_id /dev/sdb1を実行すれば、ID_FS_USAGE=filesystem
ID_FS_TYPE=ext3
ID_FS_VERSION=1.0
ID_FS_UUID=344391d7-3b8b-4a57-8652-a3b97c3138ac
ID_FS_UUID_ENC=344391d7-3b8b-4a57-8652-a3b97c3138ac
ID_FS_LABEL=
ID_FS_LABEL_ENC=
ID_FS_LABEL_SAFE=
と表示される。ID_FS_UUIDが求めるUUIDで、これを/etc/fstabに設定する。# /dev/hda1 /var/lib/vmware/Virtual\040Machines/Virtual_Machine ext3 auto,users,rw,relatime 0 0
UUID=344391d7-3b8b-4a57-8652-a3b97c3138ac /var/lib/vmware/Virtual\040Machines/Virtual_Machine ext3 auto,users,rw,relatime 0 0
上の行が今までの設定でコメントアウトされている。

これでPCを再起動するとちゃんとドライブもマウントされ、VMもちゃんとVMware Serverに認識されVMが起動するようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です