Microsoft Wirelessに近いIntellimouse Explorer 3.0

もちろん、Microsoft Wireless Intellimouse Explorer 3.0なんてないです。でも、Microsoft Intellimouse Explorer 3.0(MIE3)はMicrosoft Natural Wireless Laser Mouse(MNWLM)と並んでお気に入りです。しかも、MIE3復刻版ではなくオリジナル!(どこもエラくないけど)

MIE3は握りやすく、クリック感がよく、ホイールもクリックするし、追従性もいい。けど、唯一の弱点が有線であること。有線だから電池がなくて軽いとか、ポインタの追従性(”つながってる”感)がいいんだけど、なんともUSBケーブルが硬くて重い。どこにも引っ掛からなければまだいいんだけど、キーボードの角なんかにぶつけがちだし、大きく移動するときにケーブルの存在感がでてしまう。

まあ、それはそうと、最近ホイールの滑りが悪くなってきたのでお掃除をすることにした。それと同時にUSBケーブルも極細のものに交換してしまおうと。。。 ちょうど先人がUSBマウスケーブルの交換にきれいにまとめてあったので参考にした。

まずは分解。硬質ゴムパッチが接着されているので、細いマイナスドライバーで引っ剥がす。すると4ヶ所ともネジがみえるので、それをはずす。

中はいたって質素で、ホイールもすぐ外れる。ホイールのゴムの部分が劣化して油脂がベットリだったので食器洗剤とスポンジでゴシゴシと洗う。あと、殻側のホイール穴にも埃が溜まっていたのでここもゴシゴシお掃除する。これだけで完璧にホイールは復活したんだけど、どうもホイール本体と穴のクリアランスがなくすぐ詰まりそうなので、穴を少しだけヤスリ掛けして広げた。う~む、これでホイールは完全復活! 新品より調子よくってホイールをクリクリするのが癖になりそう。

さて、お次はUSBケーブルの交換。極細USBケーブルはGreen Houseのものを安くゲットでき、巻き取り機構はいらないから撤去。

さらに、きれいに仕上げようと思ってケーブルとマウス本体をつなぐコネクタを買ってきた。これを極細ケーブルと接続できたら。。。

結線はお手の物、と思ったら大間違い。参考にしたサイトにもあるけど、ポリイミド樹脂コーティングされた極細銅線はまず半田ごてでコーティングを溶かして、コネクタピンを圧着するわけだけど。。。 これが細くてもろくてすぐ切れちゃう。圧着する際にピンの金具がハサミのようにもろい銅線を切ってしまうのである。ピンを鉄線に圧着してこれに半田付けすれば。。。 って手段はあったけど夜も遅く、そんなに汎用性持たせてどうする、ということで本体のコネクタ部分に直接半田付け。。。 あとはホットボンドで線を数ヶ所固定すれば完了。

で、生まれ変わったMIE3はほぼワイヤレス!(笑) ケーブルを意識することは皆無になり、マウス本体も軽いのでと~っても使ってて気持ちいい。すぐそばにMNWLMがあるけど、重いし追従性が劣るし、クリック感もホイールのヌルヌル感も嫌いじゃないけどいまいち。

これでMIE3改がほぼ完璧なマウスとなった! あとはMNWLMのような形状になっていたら言うことなしなんだけど。あれ? もしかしたらMIE3の内部をMNWLMに移植するといいのかも???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です