CPUコア電圧を下げる

CPUファン回転数がソフトウェア制御できるようになったのはいいんだけど、元々のCPU温度が高い気がする。Athlon X2 4050eだからもうちょっと省電力化できそう。ということで、マザボのBIOS設定でCPUコア電圧を下げてみた。

元々1.2Vに設定されているから、1.175V、1.15V、1.125Vまで下げてみて、ただいまこの状態で試験運用中。1日経ったけど、不審な動きは無く全く問題なく動いている。再起動もOK。CPU温度はアイドル時で36℃あたりだったものが、34℃まで下がっている。よしよし。普通にPCを使っている程度なら滅多にCPU温度が37℃を超えたり、ファンの音が気になることも無い。

今は冬だから室温が低いからいいけど、夏になったらアイドル時のCPU温度はどうなることやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です