通関検査待ち 2回、そして3回

またしても通関検査待ちを2回食らってしまった。でも、今回は少し変わっていて、荷物の代わりにはがきが届いた。ネットで調べるといろいろと情報が出てくるが、要するに荷物の中身がなんだか分からないから、中に入っているものの値段が分かるものを提出してください、という意味のものである。そして中身の分かるもの(見積書とか)とはがきを税関に郵送すればそこから審査を再開して、問題なければ無事荷物が届くということになっているらしい。でも、郵送は面倒なのと時間がかかることと税関が家から意外と近いので直接税関に行ってみることにした。

税関は物流街の一角にぽつんと立っている簡素なビルの3Fにあった。味も素っ気もない、郵便局をさらにそっけないものにした感じのオフィスで、割とガランとしている。でも、入り口近くに座っている係員のおばちゃんの対応が早く、丁寧で、すぐさま担当者に案内してもらった。そこでも対応は早く、丁寧で、注文書を提出すると今度は検査の係りの方に取り次いでもらった。ちなみに、はがきには直接税関に出向いても荷物を引き取ることはできない、って書いてあったけど、納税して身分証明書を見せれば引き取り可能とのこと。これはありがたい。

検査の人もささっと消費税を計算してくれて、終了。所要時間20分程度。あっけない。その後は1Fに案内されて、ここからは郵便局の管轄になって、消費税、関税手数料を払って無事荷物を引き取ることができた。今回は直接税関に行ってるんだから、手数料をなぜ郵便局に払うのかが少し納得いかないけどなぁ。しかも200円って、高くない?

さて、なぜ今回ははがきが来たのか。。。 不思議に思っていたけど、荷物を見てみるとやけに軽い。9個も品物が入っているはずなのに嵩はあるけど小脇に抱えられるくらい軽い。中身を見てみると、どうも注文したものの半分しか来ていない様子。よーく荷物の伝票を見てみると、どうも今回の注文は2個に分けて配送されたっぽい。Total number of packages : 2、Number of this package : 1となっている。

う~~~むむむむむ。ということは、これから荷物No.2が届くってわけ? それにも消費税が取られちゃうってわけ?

とりあえず発送元に発送状況を確認したら、やっぱり荷物は二口に分けて発送されたらしく、別のトラッキングIDを教えてくれた。この荷物を追跡してみると、なんとこっちは通関検査待ち3回!

そうこうしているうちに荷物No.2が配達されてきてしまい、こちらも消費税+手数料を支払いなさい、と。これはどう見ても消費税+手数料の2度払いになりそうなのでとりあえず支払いを拒否して、荷物は泣く泣く持ち帰ってもらうことに。明日、税関に問い合わせて事情を説明して、今後の対応を聞くことにしよう。

と、そこではっ!ときがついた。もしかしたら通関の検査員は荷物が2つに分かれているのに気がついたのではがきを送ってきたのかもしれない。

これは面倒なことになってきた。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です