VGN-TT90PSにWindows7

ソニー(VAIO) VAIO Business typeT TT90PSA Vista Business(XP Pro代行インストール) 11.1型 VGN-TT90PSAVGN-TT90PSはType Tの法人向けモデルでWindows XPがついてくるのが大きな特徴。Vistaよりはさくさく動くXPのほうがいいし、Vista Businessも一応ついてくるのでいつでも入れ替え可能。なかなかおいしいモデル。

さて、そんなVGN-TT90PSだけどもう一つ楽しみ方があって、Windows7 Betaを入れるというもの。VAIOはいろいろと特殊なデバイスを使ってるしそれの上に特殊なアプリ・ライブラリを使っているので、どこまで使い物になるのだろうか。たぶんVista用のドライバが使えるはずだけど、果たして全機能のどのくらいまで使えるのだろうか。

まずはWin7をクリーンインストールしてみた。インストール自体はスルスルと進んで無事完了する。ただ、そのままだとメモリデバイス、フェリカ、バッテリ関係、アプリボタン(CDイジェクト、音量、消音、S1とFnと組み合わせる機能)が使えない。デバマネにも「!」がならんで気持ち悪い。VistaリカバリDVDから救えるものはあまりなく、これはVista用ドライバをあらかじめ採取しておいてインストールしたほうがよさそう。

ということでまずはVistaをインストールして、C:\Windows\DriversとそれらしいフォルダをバックアップしてからWin7をクリーンインストール。すると今度はデバマネの全ての「!」が消えて一通りの機能は使えるようになったように見えるんだけど。。。 アプリボタンが利かない。ちょっとのことだけどやはり不便。液晶の輝度を照度センサーで自動調節する機能も動いていない。フェリカやメモリデバイスは動いていそうだからこれでもいいといえばいいのだけど。。。

でもやはりここは使える機能は使いたくなるもの。気を取り直してVistaをリカバリして今度はWin7を上書きインストール! 今度はインストールにえらい長い時間かかったけど、インストールが終わったらちゃんとデバマネの「!」はなかった。でも、アプリボタンの挙動がなんか変。光学ドライブのイジェクトは1回はできるんだけどその後利かなくなる。音量調節も消音もできない。いろいろ弄っていたらアクセス制御のプロンプトがでてきたので、試しにUACを無効にしてみたら解決! イジェクト、音量調節、消音、S1ボタンは正常に動くようになった。でも、どうやらFnとの組み合わせの機能が動いていないっぽい。輝度自動調節も動いていない。

まあ、それでもVistaよりも動きは若干軽くなったし、思った以上に上書きインストールによる悪影響は少なそう。それよりも機能がちゃんと使えているほうが百倍気持ちいい。もう少しやる気があればVista用ドライバとSonyアプリをVistaリカバリDVDから抽出すれば、Win7のクリーンインストールはできたかもしれないけど、まあいいや。きっとWin7の正式版がでたらアップデートサービスをSonyが出してくれるだろう、たぶん。もしなかったらそのとき頑張ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です