Win7からVMware Server 2.0クライアントに接続

これまで全く問題なくUbuntuからもWindowsからもアクセスできていたVMware Server 2.0のVM達だが、Windows 7はIE8を乗せてるのでこれからアクセスできるかは一抹の不安はあった。結果としてはVMware Infrastructure Clientで問題なくアクセスできたんだけど、ちょっと大変だった。

まず、VMware Infrastructure Web AccessのURLにIE8だとアクセスできない。そもそも画面が遷移しないっぽい。Chromeではちゃんとアクセス、ログイン、VMの状態確認はできるんだけど、コンソールはプラグインがどうもインストールできないのでそこだけは動かない。ChromeでアクセスできるのでほぼIE8の問題であろう。試しにFirefoxでも入れてみようかな。

で、どうやってコンソールにアクセスしたかというと、VMware Infrastructure Client Pluginをサーバからとってきた。サーバのC:\Program Files (x86)\VMware\VMware Server\tomcat\webapps\ui\plugin\vmware-vmrc-win32-x86.exeにあるからこれをとってくる。”(x86)” はサーバが64bit版Windows Vistaだから。

これを管理者権限で実行すればすんなりとインストールはできるので、あとは"C:\Program Files\Common Files\VMware\VMware Remote Console Plug-in\vmware-vmrc.exe" -h servername.domain.com:8333 -M XXといったショートカットを作成すればOK。XXにはそのクライアント特有の数値を入れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です