WordPressアップデート

黎明期からWordpressは非常に満足して使っている。調子に乗っていろいろとWordpressをインストールしている(通常版 x 3、MU版 x 1)。2.7になって非常に使い勝手があがってさらに満足度↑なんだけど、一つ難点はアップデートのペースが速いこと。半年に1回メジャーアップされるとついていくのが大変。

最新は通常版が2.8、MU版が2.7.1。2.7から本体もプラグインも自動アップデート機能がついたので、プラグインは非常に便利にポチポチと気ままにアップデートしていたけど、本体のほうは怖くてできなかった。それでも少しググってみたものの、自動アップデートについてはあまり失敗例がない。MU版は2.8で必要なファイルが勝手に削除される不具合があったみたいだけど、2.8はそのせいか引っ込められていた。

そこで、今日は徹底的にアップデートしてみることにした。通常版2.7 x 2と通常版2.5.1 x 1とMU版2.7を一気に最新版にアップデート!

通常版2.7は非常に簡単で、Wordpressの入っているディレクトリすべてを念のためにバックアップして、ついでにDBもphpMyAdminでバックアップしておく。DBは毎日バックアップとってあるからさらに念のため。そしてadminページにて「自動アップグレード」のリンクをクリックするだけ。おしまい。あ~、なんて簡単なんだ。

MU版2.7も同様にとっても簡単。バックアップを取って「自動アップグレード」のリンクをクリックするだけ。まだ完全に互換性テストを行っていないけど、自作プラグインも含めて一応ちゃんと動いているっぽい。

ちょっと面倒だったのが通常版2.5.1 → 2.8だけど(ちなみにこのサイト)、こちらは日本語版公式ページのアップデート手順に則って作業をするだけ。こちらは若干面倒で、既存ディレクトリから不要なファイルを削除するんだけど、必要/不要の判断がつかない。まあ、それでも手順どおりに作業したけど今のところ問題なし。動かないと分かっているプラグイン(Amazonプラグイン)もあるので、これらは代替のもの(Amazon Reloaded)を後でインストールする必要がある。無事Amazon以外は古いプラグインも有効化することができた。

1.x時代のふる~いテーマをだましだまし使っているけど、今回のアップデートでも無事乗り越えることができた。ここら辺はWordpressの作りの良さに感謝。とはいえ、さすがに古臭いのと、新しい機能が使えないことから、そろそろテーマをフルモデルチェンジしないといけないかな。今のテーマを2.8対応させるか、まったく新規のテーマに乗り換えるか。う~む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です