Buffalo LS-GLでLinuxbox(8)

以前設定したadjtimex。その後tick=10008で半月ほど運用してみたけど、おおむね良好。ときどきntpq -pでチェックするとoffsetが100msecを超えることがあってシステムクロックが揺らいでいるような感じがある。同期間隔が1024のときがあればそれ以下の場合もある。それ以下、ということはたぶんoffsetが大きくなってリセットがかかっているんだろう。

どうもadjtimexを実行するたびにパラメータの再設定を行っているんじゃないかな~、とちょっと思っている今日この頃。定期的にadjtimexを実行させてみたらどうなのかな。cronに組み込んでみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です