VAIO Type Tのちらつきが直った

Sony VAIO Type T VGN-TT90PSをWindows 7化したら画面のところどころがチラチラするようになった件で、なんかそれらしき不具合を修正したかもしれないディスプレイドライバのアップデートがあったので適用してみた。いつも外部モニタで作業しているから、本体の液晶パネルでちらついているのか実は確認してなかったりする (^_^;)

アップデータのページに手順が書かれているのでその通りに実行する。まずは現状のドライバのアンインストール。そして再起動。

アップデータファイルはWindows Vista 32bit用で、そのままVAIO Support Downloadから落としてきたものを実行してもOSバージョンチェックで止まってしまう。そこで互換性タブでVista SP2を指定して、ついでに管理者権限で実行させてみたら無事正常終了した。

再起動時に画面解像度がリセットされてSVGAサイズになっちゃうけど、無事外部モニタのみの環境でもちゃんとアップデートできた。そして、そして念願のちらつきが直った! 全くどこもちらつかない。これで安心して本番のWindows 7をインストールできるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です