Eagle CADの抵抗器のパッケージ規格

Eagle CADの謎の一つに抵抗器のパッケージ(外形)規格がある。良く使う1/4W抵抗器はピッチ幅75mm(正確には2.54mm x 3 = 7.62mm)だから、抵抗のpackageはR-US_0207/7(type 0207, grid 75mm)を使っていた。でも、今取り掛かっているPCBには1Wとか3Wとかの抵抗が必要で、メーカーやものによって大きさが様々である。抵抗の形状って、どういう基準があるんだろう?

いや、これまで使ってきた0207って何だろう? と思ってググッても中々答えが見つからない。小一時間ググッたらVishayの技術資料にそのものズバリがこっそりと載っていた。DIN規格らしいのだが、最初の二桁は直径で、後ろの二桁は長さをmmで小数点以下を四捨五入したものと明記されている。ほほ~と思って色々と見てみたら、四捨五入と言うより切り捨てに近い感じ。0207なら直径1.5~2.4mm、長さ6.5~7.4mmなんだけど、直径2.x mm、長さ7.x mmくらいに考えておいたほうが良さそう。

まあ、言われてみればそんな感じのネーミングだわな。なんでいままで気がつかなかったんだろう???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です