オーディオレベルメーター完成!

基板がOlimexから届いて早速製作に取り掛かった20 LEDオーディオレベルメーターなんだけど、初めて作ったPCBとあって、やはりバグがそこここに。。。 それを解決するのに少々時間が掛かったけど、無事、完成! パチパチパチ~。

IMG_0506一般公開を念頭に入れて(?)なるべく手に入りやすい3mmΦLEDを探したんだけど、これがまた難航。秋月のOSDR3133A(赤)、OSYL3133A(黄)、OSNG3133A(緑)を選んでみたけど、緑が若干暗い。スペック上は同じくらいの明るさ(500~600mcd)なんだけど、見るからに緑だけが目立って暗い。そこで千石に特価で3mmΦ緑LEDがあったので試してみたら結構いい感じ。発光パターンが少し違うから角度をつけてみると光り方が赤、黄とは違うけど、これは拡散キャップをつけることでカバーできるからよしとしよう。

まあ、紆余曲折はあったものの、無事完成! 長かった~。

IMG_0507バグその1。
LM3916Nの感度を下げるための分圧抵抗の場所を間違えてた (-_-;;)。これは回路図レベルのミスなので、どうにか抵抗の取り付け方でカバー。致命的なミスでなくて良かった。

IMG_0508バグその2。
LM3915N、LM3916Nの電圧範囲を決めるゲインを調整する可変抵抗を入れるべきところが普通の抵抗になっていた (-_-;;;)。う~ん、なんて初歩的なミス。これも回路図レベルのミスだから、なんとか可変抵抗を無理やり取り付けてカバー。まあ、これもリカバリーが楽なミスで良かった。

IMG_0514LM3915とLM3916のつながり具合、コンパレータ(NJM2403D)を追加して増設した最下位LEDの感度とも、非常にいい感じで調整できてる。LED10と11が境目だけど、全く違和感なし。音楽がフェードアウトしていくとともに最下位LEDが明滅する様子は感動的でもある。LEDが音楽とシンクロして動いているのを見ていると、時間を忘れる。。。

さて、これらのバグを直してさらにステレオ対応したオーディオレベルメーター Rev 2.0をOlimexに11/27 1:37 amに発注! 部品点数が倍増していながら基板は小型化!アートワークにも慣れてきて、今回はかなりトリッキーな技も使っていたりして。さて、今度はどれくらいで届くかな。クリスマス前には欲しいところだな。たのんまっせ、Tsvetan!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です