Eagleの既存プロジェクトファイルからパーツデータを抽出する

EagleのBrdやSchファイルに欲しい部品が乗っているけど、自分も使いたいし自分のライブラリにコピーしたいということが結構ある。BrdやSchウィンドウで部品をコピーして、自分のlbrファイルにペーストしようとしてもだめ。

こういうときはexp-project-lbr.ulpを使うといい。部品データを抜き取りたいプロジェクトのSchファイルを開き、コマンドラインでrun exp-project-lbrを実行する。お勧めはCreation Modeで「One library」をチェックすること。プロジェクトに使われているパーツを丸ごと1つのlbrに抽出して、そこから必要なものをさらに他のlbrにコピーするほうがいいだろう。

まずは「Collect data」ボタンを押すとプロジェクト内のデータを収集する。途中で「Eport also only mechanical packages from board?」と聞かれるが、今ひとつ意味がわからないので Yes を押しとく(笑)。次に「Create library」ボタンを押すとプロジェクトフォルダにlbrファイルが生成される。この中にプロジェクトに使われている部品のデータが一まとめにされているので、あとはEagleの機能で必要なパーツデータをコピーする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です