Sony VAIO VGN-TT90PSのHDD確認+メモリ増設

常用しているSony VAIO Type T VGN-TT90PSだけど、一通りWindows 7 RCで遊んだし、そろそろ改造に取り掛かろうかな、と。もともとメインマシンではなく、お遊びの気軽に使うマシンで、もともと2GBだったメモリを4GBにすべく、2GB X 2メモリセットは購入済み。後はHDDをSSDに交換する。これで相当使えるマシンになるはず。やっぱりHDDはアクセスが集中するとボトルネックとなって、著しく遅く感じる。

VGN-TTシリーズの分解はソニーが基本的に好きが大いに参考になるものの、これはSSD RAID0モデルなのでSATAコネクタもRAID対応になっている。かたやうちのVGN-TTはHDDモデルなのでSATAコネクタは別のものが入っている可能性が大。

HDDモデルのHDDは、ググると1.8インチ、3.3V、Micro SATAのようで、同じスペックのSSDに換装した例もあるけど、どれも掲示板の書き込み情報なので確証が持てない。ここはまずメモリ増設+HDDの確認のためにVGN-TTの開腹手術を行おう。

先のサイトの通りに分解していけば問題なくVGN-TTは分解できる。ただ、ネジがやたら多いのと、ちょっとコツが必要な箇所がある。

まずはパームレストの手前にある3つのゴムをはずすこと。これは溝にゴムカバーがしっかりとはまっているだけなので、先のサイトで使っているような樹脂製の小型のヘラのようなものでホジホジすれば簡単に取れるだろう。でも、先端は相当尖っている必要がある。身近にちょうどいいものがなかったので、仕方なく小型マイナスドライバーの細いものを使って、目立った傷をつけることなくクリクリと外すことができ、無事ゴムの下にあるネジも外せた。

あとはキーボード(上面)を外すときに左奥のツメが取れにくいこと。これは左後ろのヒンジの辺りにツメが見えるので、外側から押してあげると割合簡単に外れる。キーボードはFPCでつながっているだけなので、簡単に取れる(でも慎重にね)。

無事HDDまでたどり着いた。東芝のMK1216GSGだね。3.3VのMicro SATA。HDDの両端にはゴムがつけられていて、ショックを吸収してくれそう。

やっぱり、思っていたとおり、SATAケーブルは先のサイトにあるものとは違っていた。どうせだったらRAID用のケーブルをつけておいてくれてもよかったのに。

ともあれ、マザーボード上面にあるメモリを交換することができ、めでたく4GBマシンへと生まれ変わった。ADATAの安いメモリだったけど無事4GB認識された。全部は使えないけど。しかも体感は全く変わりなし。2GB→4GBの増設は自己満足の世界だな。

あとはSSDに交換するだけ。これは絶対に速くなるぞ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です