Sony VAIO VGN-TT90PSのHDDをSSDに換装

Sony VAIO Type T (VGN-TT90PS) のHDDが分かったところで、それと換装できそうなSSDを物色してみる。

少し前ならもうちょっと選択肢があったものの、現在では、

  • Intel X18-Mシリーズ
  • Samsung MCCOE64G8MPP-0VA(1.8インチは3.3V)
  • Runcore Pro IVシリーズ

くらいしか手に入らない。いや、厳密に言うと、よ~く探さないと上記のものでも入手は難しい。
純正のドライブは、

  • Samsung MMCQE28G8MUP-0VA

だと思われる。VAIOのSSDアップグレードサービスには64GBもラインアップされている。それはたぶん上に挙げているMCCOE64G8MPP-0VAだと思う。

以下のものは入手できれば規格は同じだから使えると思う(全く保証なし)。

  • Samsung MMCRE28G8MXP-0VB
  • Samsung MCBQE32G8MPP-0VA
  • SuperTalent MasterDrive KX か KX2

ちなみに、

  • PQI S518シリーズ

は動作電圧が違うのでTTでは動作しない。USBから5Vをとってきて動かしているツワモノもいるようだが。

本当はIntel X18-Mが良かったんだけど、入手可能なのがExpansys経由のみっぽくって、しかも納期が1ヶ月。MCCOEはちらほら見かけるんだけど、高い。よって、必然的に候補はRuncore Pro IVに絞られてくるんだけど、Data GateSarutekくらいしか扱ってなく、ググっても情報が極めて少ない。

で、Sarutekのほうはラインアップが限られてて64GBのものがなかったので、Data Gateから購入。納期が2週間ちょっとって連絡を受けたんだけど、実際は1週間で届いて、対応は迅速で良かった。

で、入手したのがRuncore Pro IV 64GB 1.8インチ Micro SATA

注意しないといけないのは、Data GateのサイトでSony Type Tを選択するとPATAのものに誘導されてしまう。ここは間違わずにMicro SATAのものを注文しよう。

届いてビックリしたのは、1.8インチMicroSATAドライブ用外付けケース、専用の精密プラスドライバー、(写真にはないけど)USBケーブルまでついてきたこと。これが実はHDDから換装するにはとっても便利で、大変お世話になった。

SSDはあらかじめパーティションが作成されていて、Windowsから見えるパーティションにはTrueImage 2010が入っていた。でも、なぜかインストールできない。英語版だからかな。

早速VGN-TT90PSに取り付けてみた。

SSDがもとのHDDより小さいのでスペース的には余裕なんだけど、防振用のゴムがぴったりと合わないので若干押し込める必要あり。

ささっと動作確認を行ってみて、ちゃんと動いているみたい。SSDは音がしないから動作確認が難しいけど。

さて、ちゃんと動くのを確認したらさくさくとOSをインストール。。。 と、ここで大はまり。
つづく。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です