Sony VAIO VGN-TT90PSにWindows 7を入れる(1)

さて、メモリを2GB→4GBに増強し、HDD→SSDに換装し終わったType TTはWindows 7を入れるだけ。とはいえ、方法はいくつかある。

  1. (Sony推奨の方法)Vistaをリカバリして、VAIO Windows 7 Upgradeユーティリティを入れて、Windows 7をアップグレードインストール
  2. Windows 7をクリーンインストール ・・・ 後でSonyドライバやアプリを入れる(Win 7 RCでやった方法)。

1の方法のほうが確実であるが、2の方法もRCで経験があるから手馴れてる。クリーンインストールと言うのも気分がいい。ただ、VAIO Updateが使えないのと、液晶の自動輝度調節が利かないのがいまひとつ。液晶はほとんど使わないからいいんだけど、他にも使えない機能があるんじゃないかという懸念が残る。

2の方法はもう試してあるので、1の方法でいってみる。

まずはリカバリDVDからVistaをインストールする。「お買上時の状態に戻す」でパーティションをすべてC:にする。しかし、途中でインストーラーが止まってしまう。どうもSSDがフリーズしているようだ。フリーズする箇所は毎回違う。何回かやってみて、無事Vistaが立ち上がってきたものの、最初のログインが出来ずに「インストールに失敗しました」みたいなメッセージとともに再インストールを促される。

ここで方針変更して、HDDにVistaをリカバリしてWin 7にアップグレードして、その内容をSSDにパーティションごとクローンすることにした。HDDではさくさくと作業が進む。

パーティションのクローンツールは何種類かでてるけど、RuncoreについてきたTrueImageはインストールが出来なかったので、EASEUSとPartition Wizardを試してみた。一番最初にトライしたのは、HDDのパーティションの構成をそのままSSDにコピーすること。コピーしたSSDを組み込んで起動するとブートローダーから修復するよう指示されるので、言われるがままにWin 7 DVDをドライブに入れて起動する。「Windowsを修復する」を選択して修復を行った後に再起動すると無事、SSDからWindows 7が起動してきた。

が、しばらくするとフリーズする。SSDのアクセスLEDが点きっぱなしになったままになり、マウス、時計などは動いているんだけど他の操作は右クリックを含めて何も効かない。しばらく放置しておくとブルースクリーンになって再起動がかかり、今度はSSDが認識されずにWin 7 DVDから起動してくる。

SSDにコピーしてくるパーティションを、元のHDDのシステムが入っているパーティションだけにしてみたり、リカバリエリアを小さくしてクローンしてみたり、いろいろしてみたけど効果なし。

まともにインストールできたWin 7をセーフモードで起動してみると、途中引っ掛かるところはあるけど、こちらはフリーズすることなく動いている。

リカバリでのインストールでは。。。

  • リカバリ自体がフリーズして失敗する(うまくいきそうなときもあるけど)
  • リカバリは一回も成功していない

一方、HDDの内容をSSDにクローンする方法では。。。

  • 「ようこそ」画面、ログインして10数秒、ログインしてしばらくしてからフリーズ ・・・ アクセスLEDが常時点灯
  • でも、セーフモードで起動すれば問題なく動く

という結果になっている。

どうもこれらの症状から考えるに、Type TTとRuncoreはそれぞれ正常に動作しているが、組み合わさると何らかの条件でフリーズするようだ。セーフモードで大丈夫であることから、きっとWindows 7のクリーンインストールはうまくいきそうな気がする。

次はクリーンインストールを試してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です