Sony VAIO VGN-TT90PSにWindows 7を入れる(2)

その後、いろいろとRuncoreのサポートフォーラムを覗き見していたら、同じ症状の人がいっぱいいる。中にはWindows 7のTrimコマンド発行をやめたら直ったという人がいた。Trimをとめるには、コマンドプロンプトでfsutil behavior set DisableDeleteNotify 1を実行する。DisableDeleteNotifyは、DisableDeleteNotify = 0 ・・・ Trim有効
DisableDeleteNotify = 1 ・・・ Trim無効
で、現在の状況はfsutil behavior query DisableDeleteNotifyを実行することで確認できる。

で、この設定を行っても改善されず。SSDがフリーズして、アクセスランプが点きっぱなし。数分後にブルースクリーンで再起動。再起動後には “Operating System Not Found”。

試しにWindows XPのリカバリも行ってみたけど、こちらも失敗。初回再起動後にいろんな設定を行った後にフリーズで、再起動。どうやらリカバリを行う行為がダメみたい。

Runcoreフォーラムでは、Windows 7のインストールの前に他のマシンにUSB経由でつないでからパーティション作成+NTFSでフォーマットせよ、とあったけど、それはクリーンインストールであることが前提なんだろう。VGN-TT90PSのリカバリには先頭プライマリパーティションに2GB(リカバリ領域用)とその次のプライマリパーティションにC:を作らないと、リカバリ中にエラーストップ(”エラー: 320” の次に “エラー: 330″)してしまう。

で、Paragon Recovery CDでWinPE環境にてパーティションを作って、C: だけリカバリしてみた。結果は “エラー: 403” (初めて見た?)。ついでにインストール時の修復メニューのコマンドコンソールでDISKPART
SEL DIS 0 (shortcut for select disk)
CLEAN
EXIT
sanitary_erase.exe
を実行。sanitary_erase.exeはググってとってきて、USBメモリから実行。これでもう1回やったけど、今度は「C: が小さすぎる」とか。仕方ないので「お買い上げ時の状態にリカバリ」を実行。ここでも “エラー: 320” の次に “エラー: 330″。

もうリカバリするのに使える手段はやり尽くしたかな。あとはWindows 7のクリーンインストールだ。
つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です