Runcore SSDのプチフリ

その後、快調に動作しているWindows 7化したVAIO Type T VGN-TT90PSなんだけど、困ったことにプチフリする。

いつもは使ってないときはハイバネートさせるんだけど、復帰するときが一番発生頻度が高い。アクセスランプが点きっぱなしで、30秒くらい固まる。マウスカーソルは動くときもあれば、マウスカーソル自体もフリーズするときもある。古いIntelのSATAドライバを使っているときは固まってブルースクリーンになっていたタイミングとほぼ同じ。

使っている最中はめったに起こらないのが不思議なところ。大量の読み書きが発生するときに発病するのであれば、JMF602と同じっぽい。ちなみに、Trimは有効にしてある。これを切るとプチフリの頻度が上がる気がする。

どうもRuncoreのフォーラムを見ると他にもこのような症状の人がいることから、この個体の問題ではないような気がするし、RuncoreのSSDというよりも、Indilinxコントローラの問題のような気がする。ファームウェアは最新の1916なので、比較的問題が発生しにくいはずなんだけど。

考えられる対処は、

  • 最新のIntel Matrix Storage Driverを入れてみる。
  • 64bit版 Windows 7をインストールしてみる。
  • 新しいFWが出るまで我慢する。
  • IntelのSSDと交換する。

プチフリはそれほど頻繁に発生するわけじゃないし、大抵30秒くらいで復帰するので、今のところよしとしよう。

まあ、Indilinxが載ったSSDをもう買うことはないことだけは確かだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です