Sony VAIO VGN-TT90PSにIntel X18-M

で、結局Sony VAIO VGN-TT90PS+Runcoreの組み合わせは断念して、Intel X18-M Mainstream SSD 80GBをさっさと手配してしまったとさ。

Intel X18-Mは全く問題なく換装でき、Windows 7も簡単にインストールでき、いつも使っているVGN-TT90PSの機能は一通り問題なく使用できている。もちろんプチフリもフリーズもなし。CrystalDiskMarkも何の問題もなく実行できる。

唯一Windows Media PlayerでMPGファイルを再生するときに最初にカクツクのが気になる。WMV、AVIは問題なく再生できる。HDDのときは確かこんなことはなかったはず。でも、Runcoreのときも発生していたので、SSDだからか、Windows 7のインストールに不備があったのか原因は分からず。まあ、一旦停止させてから再生させれば最初からスムーズに再生されるので、そんなに大きな問題ではない。

X18-Mで噂される速度低下問題も今のところ体感できるものはなし。CDMのスコアもインストール直後とあまり変わらない。

ああ、最初からX18-Mにしておけば良かった。さすがIntelだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です