Ricoh R8でEye-Fi X2 Exploreを使う

ここのサイトとか、オークション用のマクロ撮影に強いデジカメが欲しくて、リコー R8を落札した。ついでにメモリカードもなかったから買おうと思ったけど、ここは以前からチェックしていたEye-Fiにしようと思っていたところに新製品登場。これはゲットするしかないでしょう。

ゲットしたのはEye-Fi Explore X2 8GB EFJ-EX-8G。ただ、問題はあまりEye-FiとR8との組み合わせの動作報告がないこと。うまくいっている人もいればカメラがフリーズしている人もいる。

Eye-Fi自体のセットアップは非常にかんたんで、同梱されているUSBカードアダプタをPCに挿して、START HERE¥Windows¥setup.exeを実行させるだけ。Windows 7でも問題なくインストールできた。途中アップデートもしてくれた。

後はR8にEye-Fiを入れて起動させるだけ。。。 って、起動してこない。レンズはせり出てくるんだけど、液晶が点くところまでいかずにフリーズする。Eye-Fiを引き抜くとしばらくするとシャットダウンする。やばい、相性問題か?!

R8のファームウェアがV1.10だったので、リコーのサイトからファームウェアをダウンロードしてV1.26にアップさせてみた。けどだめ。。。 試しにCanon IXY Digial 10では全く問題なく動き、写真を撮ると2,3秒後にはPCにアップロードされる。これはなかなか便利なものだけど、肝心のR8で動かないとは。。。

そこでだめもとでEye-Fiに入っているファイルをすべてバックアップしておいて、不要と思われるファイルを削除してみた。まずはルートディレクトリの autorun.inf と Autorun, START HEREディレクトリを削除してみた。

すると今度はちゃんとR8も問題なく起動してきて、写真もほぼ瞬時にPCに転送されてきた! やたっ!

Eye-Fi Centerの使い勝手がいまひとつだし、撮った写真を確認している間に転送されてしまうので、カメラ側で削除しても既に転送済み、なんてこともある。Eye-Fi Center上で写真を削除できないのももどかしい。そんなこんなで、少し痒い所に手が届いていない感じはあるけど、まあ、これは半分は慣れの問題かな。後は運用でどうとでもなるし。まあ、それを上回る便利さ・快適さがあることは確か。すべてのデジカメにEye-Fiを入れようとは思わないけど、気軽にパシャパシャ撮る分には非常に便利。これはいいものを手に入れた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です