Sendmail送信制限設定

/etc/mail/sendmail.mc

sendmail.mc は /etc/mail ディレクトリに入っています。このファイルを root で編集します。その後、次のように m4 コマンドで sendmail.cf ファイルを生成します。
# m4 /etc/mail/sendmail.mc > /etc/sendmail.cf

例えば50通に制限したい場合は、
define(`confMAX_RCPTS_PER_MESSAGE’, `10′)dnl
と追加記述してください。

relay_mail_from
送信者のメールアドレスがアクセスマップ内でRELAYと記述されていれば、中継を許可する。 もし、引数にdomainが指定されていれば、ドメインもチェックする。 なお、アクセスマップに関しては、access_dbを参照のこと。
FEATURE(`relay_mail_from’)dnl
FEATURE(`relay_mail_from’, `domain’)

/etc/mail/trusted-users

accessマップ
From:bob@your.domain RELAY ← this sender can relay
From:watanet.com RELAY ← ドメインごと中継許可
makemap hash /etc/mail/access < /etc/mail/access sendmailの再起動 /etc/init.d/sendmail stop /etc/init.d/sendmail start sendmail再起動時のメッセージ Makefile:365: 警告: ターゲット `/etc/aliases.db' へのコマンドを置き換えます Makefile:362: 警告: ターゲット `/etc/aliases.db' への古いコマンドは無視されます Makefile:421: 警告: ターゲット `/etc/aliases' へのコマンドを置き換えます Makefile:362: 警告: ターゲット `/etc/aliases' への古いコマンドは無視されます 554 5.0.0 No local mailer defined 554 5.0.0 QueueDirectory (Q) option must be set

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です