「Motherboard」カテゴリーアーカイブ

GA-8IPE1000MKのBIOS更新

そう言えばGA-8IPE1000MKの音が出なかったときにBIOSアップもしたんだっけ。と、今になって思い出したりして。でも、そのマシンにはFDDをつけていなかった (-_-;;

でも、最近のマザーは凄いですね。ちゃんとWindowsからBIOSを更新できるとは。最新BIOSをGIGABYTEのHPからダウンロードして、好きなところに解凍するとBIOSのバイナリファイルが現れる。次にGigabyte Utility ManagerのGigabyte BIOS Flash(または@BIOS)を起動して、先ほどのファイルを指定してアップデート。ただそれだけ。あとは再起動すればおしまい。

もしかするとBIOSアップしてオーバークロック耐性が高まった可能性もある。たぶんないと思うけど。。。

P4PEにPentium4 3GHz

せっかくWindowsXPがあるんだし、Hyper Threadingじゃないのもいただけないので、P4PEにPen4 3GHzをつけてみた。さすがに3E GHzは怖くてつけられなかったな。2万円を賭ける勇気はなかった・・・

さて、結果的にはNorthwoodコアだけあって、問題なくP4PEはCPUを認識して、なんにもしなくてもHT Enabledになった。CPUもマザーボードも使いやすくなったものだねぇ。
続きを読む P4PEにPentium4 3GHz

GA-8IPE1000MK

何をいまさら的なIntel 865PEチップセットマザーだけど、MicroATXで安くて有名ブランドと言うことで買ってみた。会社のマシンのマザーが死んでしまったのでその代替としてなので、ちょっと信頼性にもこだわってみた。

と言いつつ、早速Pentium4 2.4Bをオーバークロックしてみましょう。BIOS起動で3.0GHzオーバーはクリアできたのでOKとしましょうか。MicroATXでオーバークロックできるのは貴重だからね。

それより気になったのがオーバークロックし過ぎで起動しなくなったあとのリカバリ。これまで安全策でASUSに偏っていたからか、Gigabyteのリカバリにはてこずった。ASUSなら何にもしなくても次回起動時にデフォルト設定で起動してくれるんだけど、Gigabyteではタイムアウト(20秒)するまで起動しっぱなしにして、その後自動的にリブートするはずがしないので手動リセットした。これはちょっと頂けないな。ちょっとしたら忘れてまたあたふたしそう。

あと、865PEって、AGP 2X (3.3V)が非対応であることを痛感した。古いMatroxのAGPボードがどうやら3.3Vらしくて起動せず。「3.3Vだからダメダメじゃん」LEDが点灯していて初めて気が付いた。